あまちんは自称♂

あまちんは自称♂52話ネタバレ最新確定と感想は?タツミが浮気であまちんが!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月17日発売の少年マガジンエッジより、あまちんは自称♂【52話】「嫉妬♂」を読みました。

51話では、

立杉に彼女がいるのではないかと妹が疑った話でした。

そのタイミングであまちんが家を訪ねて来たため女装していることもばれそうになり危険だった立杉。しかし結局本当のことは妹にバレないまま、勘違いで話は終わりました。

それでは、この記事では、あまちんは自称♂【52話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

あまちんは自称♂52話ネタバレ最新あらすじ

放課後あまちんはタツミをデートに誘います。しかしタツミは今日から1か月、一緒に帰ることは出来ないと深刻な表情で答えました。あまちん大ショック。

タツミは1か月間、美術部の集中制作があるのです。

制作は2・3年生のみあるため、1年生の月は忙しくありません。そのため、休憩のために飲み物を買いに来たタツミを捕まえ、話をしました。

月はデザイナー志望で美術部に入部しましたが、最近は色々なものに興味が出始めたようです。

対するタツミは美大に行くかも決めていないため、将来のことを考える月を尊敬しました。

2人が何気ない会話をしている時、そこを見ている1人の人物が・・・。

あまちんは見てしまったのです。

あまちんはタツミが浮気をしている、と男の娘仲間に相談します。女子会のテイなので全員女装です。

滑川はタツミに限ってそれはないと言いますが、一緒に遊んだ降谷は月の方がタツミに気があるとあまちんに追い打ちをかけます。

あまちんはかなり病んでいました。

タツミがデートでもしていたのかと滑川が聞くと、話していただけだとあまちんは答えますがその雰囲気が気になったのです。

結局この日あまちんの不安は解消されませんでした。

こうして2週間が経過。

あまちんは一度タツミを待ってみようと考えるも、やはり迷惑かと思ってとぼとぼ帰りました。タツミはその姿を目撃します。

するとタツミはこの日の放課後月を誘って買い物に行きました。あまちんへのプレゼントを買いに行ったのです。

ついて来てくれた月でしたが、タツミが好きだから軽率に誘われては困るとタツミに告げ・・・。

あまちんは自称♂52話感想

嫉妬するあまちんがひたすらカワイイ話でした。タツミが美術部に入っているのは元々であり、仕方のないことなのであまちんにも分かって欲しいものです。

しかしタツミが頑張っていることを分かっているからか、今回は勝手に美術部に押しかけるなどの邪魔はせず、1人で必死に耐えています。

それでもタツミが月といる場面を見てしまった事には嫉妬が止まりません。同じ部活だから、と受け入れられないところには男の娘の感が働いているのでしょう。

あまちんは自称♂53話考察予想

月からの告白がありました。大事件です。これは付き合ってというものではなく、好きだから期待させるなという忠告です。

月の言葉からはあまちんがいることは分かっている、という意味が含まれているようにも感じられましたが実際のところはどうなのでしょう。

タツミはあまちんのことがあるため、男である月からの好意もちゃんと受け入れてからかったりはしないはずです。

その優しさが更に月をドキドキさせ、あまちん大ピンチの状況になってしまいそうです。

まとめ

この記事では、あまちんは自称♂【52話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「少年マガジンエッジ」を1冊お得に読めちゃうのはこちら