アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】最新話ネタバレ確定|毎日手術

こんにちは。ひらりです。

2021年2月4日発売のモーニングより、アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

4話では、川内にある記憶障害は前日のことを記憶できなくても、練習したことが頭の中に残り技術は上達させていけることが分かりました。

三瓶は川内が手術に入ることの許可を貰い、川内も喜びます。しかし、先に自分がやるべきことをやると川内は言いますが、三瓶は問答無用で手術に引き込もうと考えています。

それでは、この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】最新話ネタバレ「毎日手術」

救命救急に加えて脳外科も兼務することになっている川内と星前は、毎日手術に追われるでしょう。

なぜなら脳の問題だけでない救急でも手術は必要だからです。

三瓶がいない状態では川内が手術に入るかは分かりませんが、三瓶がいればほぼ100%川内も駆り出されます。

本人も日記を見て自分が手術をしていることを確認していることから、初めのように震えて参加出来ないことはもうありません。

徐々に元の調子を取り戻していくでしょう。

アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】最新話ネタバレ「次の患者は?」

脳出血、脳腫瘍となかなか危険な疾患ばかりを扱っています。しかし2人とも急患として運ばれてきていました。

そろそろ入院中の患者や普通に外来を受診している患者のことが描かれてもいいのではないかと思います。

三瓶はアメリカにいたことからかなりのエリートであることも分かっています。

そのため、ずっと病院に通っているが根本的な治療が出来ていなかった患者の治療も出来る可能性があります。悩む患者の光となってほしいです。

アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】最新話ネタバレ「他科の先生との対立」

三瓶は実験のためのラットを飼っています。アメリカでは飼っていたラットが逃げ出し点滴のチューブを噛んでしまったことが原因でクビになりました。

日本の病院でも誤って逃がしてしまうことがあるかもしれません。三瓶の謝り方は誠意がこもっているようには見えないため、三瓶に迷惑をかけられた他科の先生が激怒。

必要な連携も上手く取れず、三瓶がうんざりした態度をとることでさらに険悪なムードになってしまうという展開が来るかもしれません。

まとめ

この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-【5話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

最新の「モーニング」を無料で読む