あやかしトライアングル

あやかしトライアングル【21話】最新話ネタバレ感想!調和の心

こんにちは。ひらりです。2020年11月16日発売の週刊少年ジャンプより、あやかしトライアングル【21話】「調和の心」を読みました。

20話では、人妖と呼ばれる日喰に襲われたすずを助けるために駆けつけた祭里でしたが、格上の日喰にやられて倒れてしまいます。

祭里が死んだと思い動揺するすずを食べようとする日喰でしたが、祭里の機転で復活したシロガネとバトルに突入するのでした。

追い込まれるシロガネを助けたのは、死んだと思っていた祭里でしかも男の姿で復活していたのです。

それでは、この記事では、あやかしトライアングル【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

あやかしトライアングル【21話】最新話ネタバレあらすじ

男の姿で復活した祭里を見て、なぜ生きていると混乱する日喰。

すずは涙ながらに祭里に抱き付くとなんで、と言いながら顔を近づけて祭里の無事を確認するのでした。

女体化の術が体を覆っていた祭里はその力を日喰に奪われたことによって、一時的に変化が溶けたのだと傷ついたシロガネは説明します。

日喰は納得するとさらにシロガネを攻撃して妖の王の姿を消してしまいます。もとの猫の姿になってぐったりするシロガネ。

祭里は気合を入れて術を日喰に叩きこみますが、シロガネの力を取り入れた日喰は無傷でした。

祭里はそれでもなお、すずに信じてくれと笑いかけると日喰が食べられない術の風をぶち込めば勝てると構えるのでした。

無敵の能力だ、と言いながら祭里と切り合いになる日喰。祭里は日喰の心中を考えながら、土壇場で術を完成させるしかないと覚悟を決めます。

風と調和することで使える術を祖父から教わっていた祭里でしたが、一度も成功したことがなかったのです。

すずとシロガネが示してくれた、攻撃だけがすべてじゃないという方法を思い浮かべながら風と一体化しようとする祭里。

戦いの場の風を一切消すと、嬉々として襲い掛かってくる日喰の攻撃を冷静に見据えながらうそばっかりだな、と告げるのでした。

いくつも術を出現できる、という日喰の言葉を嘘だと見抜いた祭里。

ニセモノの術を見抜くと本物に自分の術を思い切り叩きこむのでした。

それは直接、日喰へのダメージとなり祭里の勝利となるのでした。

あやかしトライアングル【21話】感想

本格的なバトル漫画となった今回。以前のようにお色気が入るストーリーもよかったですが、格上っぽい相手にも祭里が冷静に考えながら土壇場で術を完成させるシーンなどとても見ごたえがあってよかったです。

女の子の祭里もかわいいですが、男の姿で戦う祭里はすずが惚れるだけあってとてもクールでよかったと思います。

シロガネの仇敵でもある相手を倒すことができた祭里ですが、すずのことを諦めなさそうな日喰をどうするのか今後の展開が楽しみです。

あやかしトライアングル【22話】考察予想

人妖でもある日喰を倒すことに成功した祭里。

完全に日喰を消すことができたならよかったのですが、人の悪意によって発生した日喰を本当の意味で倒すことができるのかは難しいところですよね。

祓忍の組織がどのようなものなのかまだ詳しく明かされていませんが、大物の妖怪である日喰を回収しに現れたりする展開もあるかもしれません。

またより一層絆の深まったすずと、一時的に男に戻ることのできた祭里のラブラブシーンにも期待が持てそうです。

あやかしトライアングル【22話】へ

まとめ

この記事では、あやかしトライアングル【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。