週刊少年マガジン

それでも歩は寄せてくる131話ネタバレ最新確定と感想は?歩の誕生日!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月17日発売の週刊少年マガジンより、「それでも歩は寄せてくる」131話を読みました。

前話の130話では、中学時代の歩のことを誇らしく話す凛。

その様子を見たうるしは、凛が歩を好きだったのではと思うのでした。 凛はうるしの質問に対して否定をします。

しかし、赤点取ったら済まさないと歩に言っているうちに、まだ歩が好きだと凛は気付きます。

それでは、この記事では、「それでも歩は寄せてくる」131話のネタバレ確定と感想をまとめました。

それでも歩は寄せてくる131話ネタバレ最新確定

今日は歩の誕生日でした。

うるしセンパイからシャーペンをプレゼントされて嬉しそうな歩。

タケルや凛たちからは運動系の仲間らしく、ジュースの奢り誕プレはあっさり終わりです。

明日はうるしの誕生日。

1日違いに歩は運命的だと言い、ストレートにうるしは照れてしまいます。

今日だけは同い年の2人。

うるしは歩にタメ口で話すことを許可します。

適応の早すぎる歩は、うるしに対してタメ口で話しかけます。

いつもと違う雰囲気にドキドキのうるし。

新鮮だと思いながら顔は真っ赤になります。

歩はうるしへのプレゼントを既に用意していました。

明日は休日でテスト勉強があるからと、早めに渡したプレゼント。

やはり将棋といえば扇子でしょう。

うるしも気に入ったようで、大事にすると笑顔でお礼を述べるのでした。

少し早いが誕生日おめでとう。

歩は「うるし」とセンパイを呼び捨てにします。

呼び捨ては・・・効きすぎるぅ。うるしは照れるばかりです。

様子が少しおかしいと歩は気遣いますが、逆にうるしの方が敬語を使っていました。

可愛いと思う歩に対して「やめてください」と言うのが精一杯のうるし。

恥ずかしいあまり扇子で顔を隠すのがやっとのようでした。

それでも歩は寄せてくる131話感想

凛が歩に対して未練があることが判明しましたが、今週はその続きではありませんでした。

誕生日という全く関係のないエピソードは、基本的に1話完結ならではですね。

うるしのプレゼントはシャーペンと素っ気ないものでしたが、歩にすれば何を貰っても嬉しいに違いありません。

その意味では、1日だけのタメ口関係が実は一番のプレゼントだったのではないでしょうか?

相変わらず自爆気味のうるしでしたが、普段と違う雰囲気の歩に呼び捨てされたら敬語にでもなりますよ。 

それでも歩は寄せてくる132話考察予想

凛も評していましたが、歩はスポーツが得意ですが勉強は苦手なタイプ。

うるしがシャーペンをプレゼントした理由も、元々はそこに端を発します。

ここで赤点を取れば歩は部活が出来なくなるばかりか、大会にすら出場できない可能性が出てきます。

うるしは3年生のため、団体戦で一緒に出場できるのは恐らく最初で最後になるでしょう。
次回はテスト結果の発表になりそうです。

ギリギリで赤点クリアとなり部活が出来るか、それとも赤点で補習を頑張れパターンになるのでしょうか?

▷それでも歩は寄せてくる132話へ

まとめ

この記事では、「それでも歩は寄せてくる」131話のネタバレ確定と感想をまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら