僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア314話ネタバレ確定感想|完全に崩壊!社会の醜い部分を見てしまったナガン

こんにちは。ひらりです。

2021年5月31日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【314話】『麗しきレディ・ナガン』を読みました。ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

313話では、レディ・ナガンはオール・フォー・ワンから別の個性を与えられていることを知った出久は、ナガンを捕まえることで確実にオール・フォー・ワンや死柄木に近づくことになると確信します。

しかしまだ早いと言われた個性の並行使用を急ぎ、ナガンを捕えることに成功するのでした。

それでは、この記事では僕のヒーローアカデミア【314話】考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

僕のヒーローアカデミア314話ネタバレ考察確定「ナガン捕獲なるか!?」

煙幕を囮に使い、実際はビルから飛び出してナガンの手を掴んだ出久ですがこのまま戦いは終わるのでしょうか?

マスキュラーの時はこのまま黒鞭で高速して警察署の前まで持っていきました。

今回は話を聞かなければいけないため、黒鞭で捕えた後、拘束を続ける必要があります。

ここがネックとなる部分です。

捕まえても再び逃げられる可能性がある、そもそも口を割るかどうか分からない。

そうなった時、出久は1人でこのピンチを乗り越えることが出来るのでしょうか。

僕のヒーローアカデミア314話ネタバレ考察確定「ホークスたちも狙われる?」

ナガンは元々出久の周りには強い仲間がついていることをオール・フォー・ワンから聞いていました。

前回出久との分断を狙いオールマイトを襲ったヴィランがナガンの差し金なのか、それともオール・フォー・ワンから直接差し向けられたものなのかはまだ不明です。

しかしどちらにせよ、向かってくる仲間に警戒して待機しているヴィランはいるため、

これから向かってくるホークスたちもヴィランによる足止めを食らうことになるかもしれません。

負けることはありませんが、出久のところに到着するのは遅れるでしょう。

僕のヒーローアカデミア314話ネタバレ考察確定「緊急事態で使うオーバーホールの力」

タルタロスからの脱獄の際にオーバーホールを連れていたナガンは、どこかでオーバーホールのことも待機させていることでしょう。

今出久に捕まり、危険な状態になってオーバーホールを呼びます。

オーバーホールもオール・フォー・ワンから個性を貰い、再び自分の個性を使えるようになっています。

壊理がいたからこそ当時の出久はオーバーホールに勝つことが出来ましたが、壊理がいない今、強くなったとはいえ出久がオーバーホールに勝てるかは怪しいところです。

僕のヒーローアカデミア314話ネタバレ確定『麗しきレディ・ナガン』

ナガンを捕まえた出久はこのままオール・フォー・ワンの情報を聞き出せると思っていました。

しかしナガンはそんなに甘くはありませんでした。

ナガンは出久を突き放すと再び狙撃します。

何とか避けた出久は不安定な浮遊で空中に留まりながら、ヒーローだったナガンがオール・フォー・ワンに味方する理由を問いかけます。

ナガンは作られた正義しか見ていない人間には分からない、と言うとそのまま暗闇に潜みまた出久を狙撃してきます。

ナガン本人ではなく建物の外壁から出た銃から発射される銃弾が出久を襲いながら、ナガンの語りが聞こえてきました。

公安直属のプロヒーローだったナガンは、社会を守るために沢山の人を殺しました。社会の基盤を守るという上からの命令です。

超人社会はヒーローへの信頼の上に成り立っています。

そんな信頼を失うことになる大事件や裏切りの存在を世間に悟られることなく消し去るのがナガンの役割でした。

表ではプロヒーローとして有名であったナガンは、子供たちから握手を求められることもありました。

しかし子供の手を取ろうとしたナガンは、汚れていないはずの自分の手が返り血で血みどろになっているように感じてしまいました。

そして社会が作られた偽物であることに気づきます。

ナガンは新たな指令の際に、自分のしていることは本当に社会のためになるのかと言う疑問を公安委員長にぶつけます。

ナガンが辞職を願っていると感じ取った委員長は、銃を取り出しました。

しかしナガンが先に委員長を殺したのです。

この事件も本当のことは報道されませんでした。

この時、ナガンはこの社会がずっと変わらないことを悟りました。

そしてオール・フォー・ワンの方がいい未来を作ってくれると感じたのです。

出久はナガンがまた新たな狙撃をしてくる瞬間にナガン目掛けて黒鞭を飛ばします。黒鞭はナガンの後ろのビルに貼り付きました。

出久は黒鞭を縮めながら勢いよくナガンの方へと飛んでいきます。

白でも黒でもない人にこそ手を差し伸べなければならないと言いながら出久が向かってくるのを見たナガンは、銃口を別の場所に向けます。

そこには出久もよく知る治崎、オーバーホールの姿がありました。

僕のヒーローアカデミア314話感想

やっぱりオーバーホールは今もナガンと共にいましたが、現時点ではまだ腕がありませんでした。

力ではなく、出久を動揺させるための道具として利用されているのでしょう。

もう完全に壊れてしまっています。ヒーローだったからこそ社会の醜い部分を見てしまったナガン。

正義のために、自分が正義とはかけ離れたことをしているのに耐えられなかったのです。

ホークスもきっと同じような世界を見ています。闇落ちしてしまうかどうかは紙一重なのだと感じました。

▷僕のヒーローアカデミア315話へ

まとめ

この記事では、僕のヒーローアカデミア【314話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。