ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【183話】最新話ネタバレ確定&感想|真冬編⑥

こんにちは。ひらりです。2020年11月21日(土)発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【183話】「[x]=薄氷の女王編⑥」を読みました。

182話では、成幸からの告白を断った真冬は、何故か悶々とした気持ちに包まれていました。

さらに、妹の美春と成幸が一緒に出掛けるところを見てしまったことで、更にモヤモヤが募る真冬はそのまま尾行をしてしまいます。

結果成幸と美春はデートをしているわけではありませんでした。安心した真冬ですが、やはり成幸の気持ちに答えることは出来ませんでした。

それでは、この記事では、ぼくたちは勉強ができない【183話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ぼくたちは勉強ができない【183話】最新話ネタバレあらすじ

フィギュアスケートをしていた真冬は、修学旅行に行けず、文化祭に参加出来なくてと仕方がないと諦めていました。

文化祭当日、少しだけフィギュアを早く終えた真冬は、後夜祭だけであれば参加できるかもしれないと息を切らしながら学校へ走りました。

始めてみる後夜祭というだけで少し胸を躍らせながら、真冬はクラスメイトを探します。クラスメイトは真冬が来たことに気づくと声をかけてくれました。

しかし、自分の知らない話題で話になって楽しんでいるクラスメイトを見て、真冬はそれ以上近づいていくことが出来ませんでした。

フィギュアがあるから仕方がない、ずっとそう言っていた真冬ですが、本当のところは自分に居場所があるのか分からず、怖がり、近づくことが出来なかったのです。

どこにいても一方引いてしまう自分には愛し方も愛され方も分からないのだと真冬はつらそうにいいます。

すると成幸は真冬に礼を言います。成幸は辛い言葉だったとしても、好きな人のことを知れるのが嬉しいのです。

数週間経過しても真冬はこの時の話と成幸の告白がずっと気になっていました。そのまま文化祭の準備に突入。

成幸は今までと変わらない様子ですが、真冬は成幸のことが気になって仕方がなくなっていました。

文化祭当日。

見回りの教師もTシャツを着ることになっていましたが胸には「お助け部」とプリントされています。

真冬は何も聞いておらず成幸に説明を求めますが、説明前に助けを求められ生徒たちの模擬店の手伝いをすることになってしまいました。

成幸にとって生徒と同じ目線になることこそが本当の「見回り」だったのです。

感謝した生徒たちが駆け寄ってくるも真冬はやはり1歩を近づくことが出来ません。

すると成幸が上手くフォローして真冬を輪の中へ引き入れました。

生徒たちからのお礼の食べ物をたくさん食べた真冬は、文化祭の食べ物をたくさん食べることは初めての体験です。

そんな真冬に、成幸はもっと青春の学園生活を味わってもらうつもりだと伝えました。

ぼくたちは勉強ができない【183話】感想

真冬の辛かった学生時代が明らかになりました。

いじめられていたわけではなかったことには安心しましたが、それでも真冬にとっては辛いものだったはずです。

クラスメイトは真冬を避けていたわけでなく、普通に受け入れてくれていたため、本当に真冬自身の問題だったわけです。

成幸がやったことはお節介だと感じられてもおかしくないほどのものでしたが、多少強引にした方がいい真冬にとっては正解のやり方だったのだと思いました。

ぼくたちは勉強ができない【184話】考察予想

次回も文化祭編、たくさん食べ物を食べたので次はアトラクション系の模擬店へ向かいます。

最近の学生のお化け屋敷は本気。偽物だと言いつつ真冬はとても怖がり成幸にしがみついてしまいそうです。

それにより更に距離が縮まり、真冬の方がかなり成幸を意識します。

次回では後夜祭までいかないと思いますが、後夜祭ではもう1度ジンクスのことに触れ、2人の気持ちが同じになると思われます。

やっと2人が結ばれる時がくるのでしょうか?

ぼくたちは勉強ができない【184話】へ

まとめ

この記事では、ぼくたちは勉強ができない【183話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

ぼくたちは勉強ができない2021年3月4日にぼくたちは勉強ができない【最終刊21巻】が発売されました。21巻をいますぐ無料で読むならU-NEXTがオススメです。無料トライアル