ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ269話ネタバレ最新確定と感想は?エース成宮が本領発揮!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月10日発売の週刊少年マガジンに、ダイヤのA actⅡ第269話「先人」を読みました。

前話の268話では、2回裏の稲城実業の攻撃は、フォアボールのランナー2人を置き二死1・2塁と青道がピンチを迎えますが、

先発降谷が9番江崎をセカンドフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

続く3回表の青道高校の攻撃、成宮はさらにギアを上げて金丸・麻生と二者連続三振を奪い、その後トップバッターの倉持に打席が回ります。

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ269話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

ダイヤのAactⅡ269話ネタバレ最新確定「先人」

3回表の青道高校の攻撃、二死ランナーなしで1番倉持を迎えた場面から始まります。

倉持はセーフティバントの構えで揺さぶりをかけ、成宮の初球はスライダーがアウトコースに外れてボールとなります。

続く2球目は果敢に振りにいきますが、フォークが低めに決まって空振りとなってしまいます。

2球とも変化球でしたが、倉持はスピードがあるボールと感じます。

続く3球目はインコースにストレートが決まって空振りとなり、追い込まれてしまいます。

甘い球が来るまで粘ろうとする倉持でしたが、続く4球目はアウトコースにストレートが決まり空振り三振を喫してしまい、3者連続三振で青道はこの回の攻撃を終えます。

成宮の凄み、そして昨年からの進化を感じる青道ベンチでしたが、沢村が大声で激を飛ばし、青道ナインは明るく守備に就きます。

そして3回裏の稲城実業の攻撃、前打席にツーベースを打たれている1番のカルロスを打席に迎えますが、青道先発の降谷は初球のストレートでカルロスから空振りを奪います。

電光掲示板には本日最速の156キロが表示され、どよめきが生まれます。

ダイヤのAactⅡ269話感想

稲城の絶対的エース成宮が本領発揮し、さらに投手としてもう一皮むけようともしているようにうつりました。

昨年の時点で投手としてほぼ完成されており、課題は精神面だけというような印象も受けていましたが、まだまだ能力的にも覚醒していきそうです。

昨年以上に攻略しにくい相手にはなっておりますが、やはりキーマンはキャプテンの御幸ということになるかと思います。

ただ個人的には、散々成宮に見下されてきた前園あたりにも攻略に絡んできてほしいと感じております。

ダイヤのAactⅡ270話考察予想

成宮の圧倒的投球を見せつけられる回となりましたが、降谷も負けじと初球156キロのストレートを見せました。

明らかに成宮の投球に影響されており、このことが吉と出るか凶と出るか御幸も案じておりますが、

降谷も昨年から成長していますので、まだ投手戦が続くのではないかと予想しています。

上位打線から始まる稲城実業の攻撃となりますが、降谷自慢の剛速球を活かすつつ、力業だけではないところも見せながら抑えていくところを期待しております。

▷ダイヤのAactⅡ270話へ

まとめ

この記事では、ダイヤのAactⅡ269話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら