男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話325話ネタバレ最新確定は?詩織の職業判明!

こんにちは。ひらりです。

2021年10月27日発売の週刊少年マガジンより、男子高校生を養いたいお姉さんの話【325話】「鳴尾瀬ミチコ」を読みました。

324話では、

松岡が花のストーカーとしてその勢いを増している一方、実は真剣に勉強に取り組んでいました。

毎日夜遅くまで勉強をするため、カフェインドリンクを大量に飲んでいる実を心配した詩織は、実がカフェインドリンクを飲み過ぎないように見張るため、自分がカフェインドリンクを飲み過ぎてしまいます。

それでは、この記事では、男子高校生を養いたいお姉さんの話【325話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話325話ネタバレ最新あらすじ

実が大ファンの作家、鳴尾瀬ミチコ3年ぶりの最新作が発売ということで、詩織が発売日に実へプレゼントしてくれました。

これだけは受験勉強よりも優先すると決めていた実。詩織もそんな実を見守ると決めていました。

詩織の死線を感じながら読み進める実ですが、途中まで読んだところで少し不満げな反応をします。すると詩織は申し訳ないと泣き始めました。詩織に泣かれても困る実。

実は面白いのだが、自分はダークな世界観、エグみのある描写が好きだったためそれが少し柔らかくなった今作は微妙に感じると感想を述べます。

言ってからネタバレをしてしまったと焦る実ですが、詩織は実が満足するか何度もチェックしたのだと泣いています。

具体的な意見を聞こうとする詩織に、言うならば公式に言うが自分はマイナス意見を作者に送り傷つけることはしないのだと実は答えました。

その言葉に、確かに実のファンレターはいつも言葉がすごく丁寧で褒めることしか書いていなかった詩織は言います。

どうして実のファンレターの内容を知っているのか、と実が聞くと詩織は何回も読み返したからと答えます。

実は頭に浮かんだあることを口に出しました。

鳴尾瀬ミチコは詩織なのか。

そんなわけないとすぐに鳴尾瀬ミチコについて調べます。性別、年齢は詩織と一致しました。

そしてペンネームは本名のアナグラムだと知り、「KANEMOTI SIORI」と「NARIOSE MITIKO」について考え・・・。

詩織は青ざめて涙をこぼしていました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話325話感想

詩織の職業判明の話でした。衝撃の内容であったため今回は1話掲載。

詩織が長く家にいられる理由も理解出来ました。とはいえ、3年ぶりの新作ということから、やはり詩織が実と一緒に暮らし始めてからほとんど働いていなかったことが分かります。

それでも金が溢れてくるということは詩織の印税はとんでもない額です。人気作家すごい。

名前、年齢と謎に包まれる詩織の実態が少しずつ明らかになっていましたが、出して行く順番が絶妙ですごく面白いです。

男子高校生を養いたいお姉さんの話326話考察予想

詩織の職業どころか自分が一番好きだった作家であることが分かり実はとても複雑な気持ちになります。嬉しいことは勿論ですが、自分がずっと応援していたことを伝えるには近すぎる相手なのです。

詩織にとっては知られたくないことだったと思いますが、自分の態度が悪かったのでもう隠すことはないでしょう。

一緒に暮らす前から実のことを好きだったと話す詩織ですが、実がファンでいてくれることも大きく関係しているのは間違いないでしょう。

結局詳しくは明らかになっていない詩織と実の出会いも近々描かれます。

▷男子高校生を養いたいお姉さんの話【326話/327話】へ

まとめ

この記事では、男子高校生を養いたいお姉さんの話【325話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら