DAYS

DAYS【307話震える魂】最新話ネタバレあらすじ感想|308話を考察!

こんにちは。2019年8月7日発売の週刊少年マガジンより、DAYS【307話】「震える魂」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

ネタバレ最新話
DAYS【306話】最新話ネタバレあらすじ感想|307話を考察!こんにちは。2019年7月31日発売の週刊少年マガジンより、DAYS【306話】「自作自演の男」を読みましたのでご紹介します。 前話を...

306話では、桜高GKの近藤は聖蹟のゲーゲンプレスを弱点を見つけたと言います。 しかし、ルールを理解せずにPKエリアでハンドにイエローカードと大チョンボ。

自らピンチを招き味方にまでポンコツ呼ばわりされますが、野性味溢れるプレーらでフリーキックを防ぎます。

➡「DAYS」のアニメ動画と最新刊を無料でいますぐ見る

DAYS【307話震える魂】最新話ネタバレあらすじ

まだまだ聖蹟の攻撃は続きます。

如月のマンマークを水樹を囮にして引き剥がした大柴はボールを受けます。

そのまま如月が自分に背を向けた不利な状態での1対1の勝負を仕掛けます。

終始後手に回った如月。

大柴は彼を抜くとファーサイドからシュート体勢に入ります。

しかし、抜かれたはずの如月は身体を回すような形で大柴から足元のボールを奪いました。
それでも聖蹟の攻めは完全に切れていません。

クリアされたボールは“サッカーの神様が見に来ている”と信じる水樹の足元に。

水樹はこのゴール前の密集地帯を細かなドリブルで次々と4枚のマークを剥がしていきます。

GKの近藤がシュートコースを狭めるため、怯むことなく前に突っ込んできます。

水樹は至近距離にも構わずシュートを放ちます!

近藤は怯むことなくガッチリ胸でこのシュートをキャッチ。

この状況に「震えるぜ」と水樹に話しかけます。

如月と近藤のプレーで攻撃は桜高に変わります。

再度如月に破れた大柴は、面白くないのかグラウンドで思わずふて寝をしてしまいます。

桜高ベンチでは刺激を受けた成神は、試合に出たいと監督にアピールします。

しかし、桜高には試合の戦局を変えられる選手がまだいます。

エースの犬飼です。

イーグルアイの俯瞰的視線を生かして、手薄なサイドに大きくチェンジします。

水樹がフォローに向かっていないため、2対2の場面となります。

桜高の攻撃に速瀬が亀山に抜かれますが、その後を鈴木がフォロー。

前の試合より1週間で聖蹟の守備は修正されていました。

DAYS【307話震える魂】の感想

前半のまだ10分台ですが、聖蹟の攻撃が止まりません。

しかし前回は速瀬のFK、今週は水樹の至近距離シュートを近藤が止めています。

それにしても大柴の態度です。元ネタは日本で開催されたトヨタカップ。「将軍」と称えられたプラティ二がスーパーゴールを決めたつもりがオフサイド。

これに対する抗議のパフォーマンスです。しかし大柴のそれは反則や疑惑の判定に関するものではないので、これは良くないです。

イエローカードが出ないだけでもまだマシです。

DAYS【308話】を考察

後半は聖蹟の守備が1週間でしっかり修正されてきたことで、システム上の中盤の薄さにおける不安を払拭していることから、ますます桜高が劣勢になる予想しか見えません。

とはいえ、切り札の成神は後半から投入でしょうから、前半はこのまま引いて守りを固めて、ボールを奪ったらカウンターか地道に全体のラインを上げていく戦術が考えられます。

問題は大柴が不貞腐れたままだと同じレベルでゲーゲンプレスの役割を果たすことが出来るのか少々不安です。