Dr.STONE

ドクターストーン197話最新話ネタバレ確定&感想|千空復活!人類が触れてはいけない科学とは!

こんにちは。ひらりです。

2021年5月24日発売の週刊少年ジャンプより、ドクターストーン【197話】「石だらけのエデンと禁断の果実」を読みました。

196話では、スイカは7年かけて復活液を作り出しました。1人ぼっちでも失敗を繰り返し、科学者として正解を見つけ来たスイカは、遂に千空を目覚めさせることに成功。

昔と変わらない千空を見て、スイカは喜びで泣き出してしまうのでした。

それでは、この記事では、ドクターストーン【197話】の展開予想とネタバレ確定についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

ドクターストーン197話最新話ネタバレ考察「7年後スイカは復活液を量産!仲間を目覚めさせる」

スイカ1人でも復活液を作り出すことが出来ましたが、千空が目覚めたことでもう完璧です。

復活液を量産してどんどん仲間を目覚めさせていくことになります。

最初に目覚めさせてもらえるのは誰なのでしょう?

わざわざ敵を目覚めさせなければ千空も戦力になる人物を目覚めさせる必要はないため、まずは科学の力になってくれるクロムやカセキを目覚めさせるのでしょうか。

科学と言えば忘れてはならないまさかのアノ人物を目覚めさせる可能性もあります・・・。

ドクターストーン197話最新話ネタバレ考察「ゼノを目覚めさせる可能性あり!」

千空は仲間を順番に目覚めさせていくと考えられますが、早期にゼノを目覚めさせることも十分に考えられます。

ゼノを仲間にすれば科学は前に進みます。

勿論ゼノを起こすことにはリスクがついてくることやスイカたちが反対することも考えられます。

それでも1度死亡して石化した仲間を復活させられるかどうかを考えるにはやはり1人でも多く知恵を寄せあった方がいいのです。

石化前の様子を見ているとスタンリーは千空たちに負けたことを認めているため、もしスタンリーが目覚めることになってももう戦争は起きないのではないでしょうか。

ドクターストーン197話最新話ネタバレ考察「コハク、司、氷月の運命」

氷月はスタンリーとの戦闘で完全に死亡しました。司は氷月の死と、コハクが危険な状態であることを確認しています。

その後の3人のシーンはありませんでしたが、おそらく3人とも絶命した状態で石化光線を浴びたでしょう。

そもそも死体も石化するのかどうかは千空たちも知りません。

ただ復活の際にダメージが修復されることは分かっています。

もしも既に生命活動を停止している人間は石化しないという原理がなければ3人は石化しており、壊れてさえいなければ蘇ると思われます。

絶対に蘇って欲しいです。

ドクターストーン197話最新話ネタバレ確定「石だらけのエデンと禁断の果実」

何度も失敗を繰り返すも復活液を作り出す道を見つけ、ようやく出来上がった復活液で千空を起こすという正しい判断をしたスイカのことを千空は褒めます。

スイカは少しの涙を浮かべながら、嬉しそうに微笑んでいます。

千空はそこから驚くべきスピードで硝酸を作ると16日間で16本の復活液を作り出しました。

1人ずつ目覚めさせて行く1人目として、スイカはコハクの石像に復活液をかけました。

コハクが目覚めるとスイカの目にはたくさんの涙が溢れ出します。

コハクも涙目になりながら2人はお互いを強く抱きしめました。

続いて龍水、フランソワ、チェルシー、ルーナ、大樹、羽京、ゲン、クロム、カセキ、カルロス、マックスと目覚めて行きます。

石化復活後は元気になると興奮気味のカセキは、時々石化してもらい歳をとらなければ冒険の最後を見届けることが出来るのではないかと言いました。

死んでしまったらもう復活は出来ないと思われている以上、カセキの発言は名案です。

その頃、千空は司を目覚めさせていました。

司は開口一番氷月のことを気にします。千空も司が何を言いたいのかを理解し、今から氷月にも復活液をかけると答えます。

復活液をかけた結果、氷月も無事に目覚めました。

事情を知らない仲間たちが氷月の目覚めに喜んでいる中、司は目を見開きじっと氷月を見ています。

司と氷月が食料を調達しに行き、夜は賑やかな宴となりました。

火を囲み、どんちゃん騒ぎ。明日からまた人類復活のために動き出すため、今日だけは全力で楽しむのです。

この時、司が1人で水車小屋に行ったことをゲンが伝えてくれたため、千空も水車小屋の方へと向かいました。

司は石化前に氷月が確かに死亡していたと千空に話しました。

千空は司の言葉を信じます。

かつて千空が司に殺された時のこともあり、石化は死さえも超える存在であることが立証されました。

人類は永遠の命を手に入れたのです。

これは人類が触れてはいけない科学であると、千空と司は感じています。

ドクターストーン197話感想

氷月も目覚めることが出来たのは本当に喜ばしいことでした。

千空の目覚めにより、仲間たちも一気に目覚めることになりましたが、誰1人として命を落とさなかったことに感動します。

しかしそれは同時に許されないことでもあります。寿命を迎えた命は流石に救えないとしても、事故、病気による死を乗り越えるということはこの世に人類が溢れ、さらに人間は人の命を操ろうとするからです。

今このことを知っているのは千空と司、そしての盗み聞きしてしまったクロムのみ。

簡単に他人に話してはいけない秘密が出来てしまいました。

▶次話!ドクターストーン【198話】へ

まとめ

この記事では、ドクターストーン【197話】の展開予想とネタバレ確定についてまとめました。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

Dr.STONE

ドクターストーンドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントを使用することで、「ドクターストーン」459円を実質無料で読むことができます。

詳しくはこちら▷ドクターストーンを無料で読む方法