炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊290話ネタバレ最新確定と感想は?悪魔ではなくヒーローだと覚悟!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月2日発売の週刊少年マガジンに、炎炎ノ消防隊290話「穿たれた希望」が掲載されました。

前話の289話では、シスタースミレとインカの能力は、ハウメア によって取り込まれます。 ショウが時間停止するも、 日下部兄弟の攻撃も虚しく、全く通用しないようです。

シンラは怒りが剥き出しになるが、ショウの呼びかけにより我にかえります。 しかしハウメアの言葉と同時に胸を貫かれてしまいます。

それでは、この記事では、炎炎ノ消防隊290話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

炎炎ノ消防隊290話ネタバレ最新確定

前回ハウメアに風穴を開けられたシンラでしたが、蛇のような炎が胸から現れ、シンラを窮地から救っていきます。

ハウメア によると、今の炎はアドラリンクであり、地上からシンラに干渉したからということです。

見覚えのある蛇の炎は第6の代隊長「黄火代子」の能力だったようです。

黄がアスクレピオスの杖を発動できたのは、シンラを以前回復させた聖痕(スティグマ)による干渉です。

アドラバーストを持っていない黄は、その代償として炎に焼かれてしまいます。

アーグ中隊長が黄の元へ駆け寄るも、火華に引き止められます。

アドラバーストを持たない人間が触れてはいけない炎だからです。救ってくれた黄のことを

知ったシンラは、今まで支えてきてくれた皆に感謝し、悪魔ではなくヒーローであると覚悟を決め、再びハウメアに挑んでいきます。

この攻撃で、そよ風程度ですが、ハウメアの髪を揺らします。

今の一撃で、伝道者が恐れているとシンラは指摘します。

髪が揺れた程度とはいえ、少なからず干渉できたことから、未来が変えられない訳ではないと、微かな希望が芽生えます。

一方地上では、避難誘導をしていた第8のもとに、桜備のドッペルゲンガーが突如現れ捕まってしまいます。

ナイフで首を切られた桜備は、大量の出血とともに倒れてしまいます。

度重なるショックで怒りに呑まれてしまったシンラは、悪魔となってしまい…次回『第二の太陽』へと続きます。

炎炎ノ消防隊290話感想

シンラにとっても読者にとってもツライ状況が続いてます。

大切な仲間たちが次々とやられてしまい、ヒーローとはいえ、このような状況が続くと、悪魔になってしまうのも抑えられない思ってしまいます。

ですが黄大隊長の命をかけてシンラを救った行動は、今回とても熱い展開だったように感じます。

シンラが立ち上がった時、涙を浮かべたショウの表情が幼く、兄を心配する弟という構図がとても印象的です。

無双状態のハウメアでしたが、復活後のシンラの攻撃で髪が揺れ、少なからず希望はあるのかと思われます。

炎炎ノ消防隊291話考察予想

話が進むにつれハッピーエンドが想像しづらい展開になっている気がします。

シンラは完全に怒りに呑まれ、その形相からも見た目は悪魔そのものとなってしまいます。

黄の死で今後回復は見込めず、また致命傷を与えられてしまうと絶体絶命の大ピンチです。

ハウメアのセリフからも分かるように、桜備はシンラにとっても「光」となってる存在です。

次回『第二の太陽』では桜備の生死も判明するのではないかと思います。

個人的には絶対生きていて欲しいです。桜備の存在で現場の士気に多大なる影響を与えます。

この窮地を乗り越え、再度みんなの「光」になると信じています。

まとめ

この記事では、炎炎ノ消防隊290話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。