炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊【244話】最新話ネタバレあらすじ感想|絆を繋げ

こんにちは。ひらりです。2020年11月18日発売の週刊少年マガジンより、炎炎ノ消防隊【244話】『絆を繋げ』を読みました。

243話では、世界をアドラバーストから救うため、天照を守ろうとする第八消防隊。その第八に同行した英雄の子孫であるオグンは、守人であるカロンと激突します。

カウンター使いのカロンに対し、全く歯が立たないオグン。途切れそうになる意識の中で・・・過去の事を思い出していました。

それでは、この記事では、炎炎ノ消防隊【244話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「炎炎ノ消防隊」のアニメや漫画を1冊無料で読む

炎炎ノ消防隊【244話】最新話ネタバレあらすじ

それは、オグンの記憶。

消防隊になるための、訓練学校での記憶です。

この頃から、シンラとアーサー、オグンの3人は仲良しでした。

しかし・・・ある日を境に、シンラとアーサーが喧嘩をしてしまいます。

オグンが他の仲間とバスケをしていると、声を上げて喧嘩を始めた2人。

騎士とヒーロー、どちらが凄いか争い始めました。

公園で遊んでいた子どもにから、どっち強いか問われ・・・喧嘩になったのです。

事情を聞き、くだらないと話すオグン。

2人の喧嘩はエスカレートし、アーサーはその場を離れて行きました。

去り際に、シンラを悪魔と呼んだアーサー。

その言葉に黙り込んだシンラを見て、オグンはバスケに誘います。

しかし・・・シンラが参加するなら、自分は抜けると話す仲間たち。

全員がいなくなり、オグンとシンラは2人きりになるのでした。

仕方がないと、オグンは1on1を始めます。

この勝負は、オグンの圧勝!!

その時、オグンは話していました。1on1で止められないのは仕方がない・・・。消防士はチームだから、2人で止めればいい!!

そんな記憶を思い出したオグンは・・・カロンに叩きつけられるも、なんとか立ち上がります!!

諦めないと話し、何度もカロンに挑むオグン。

その度に弾き返され、満身創痍の状態になっていました。

自分の力では立てなくなり、炎を使ってその場に立つのがやっとの状態・・・。

そんなオグンに止めを刺そうと、カロンは近づいて行きます。

オグンの頭を掴み、攻撃の準備をするカロン。

次の瞬間・・カロンが血を吐きました!

その場に倒れたカロンに向かって、消防官はチームだと呟くオグン。

吸収と放出を同時にできないカロンに対し、オグンは隙を作ったのです。

その隙を突いて、カロンに強烈な一撃を入れたのは火縄。

ダメージを負ったカロンは、衝撃を受けています。

ただ、トドメを刺しきることはできず・・・。

そんなカロンを見て、背後から情けないと言う声が上がりました。

その声と同時に、立ち昇る火焔!!

炎の中からは最強の守人、ドラゴンが姿を現したのです!!

炎炎ノ消防隊【244話】感想

オグンvsカロンの戦いは、実は第八とカロンの戦いでした。

オグンは隙を作ることを考えており、第八の隊員であればその隙を見逃すはずがないと信じていたのです!

その予想通り、カロンの隙を突いて重い一撃を加えた火縄。

ただ、オグンのことを考えて火力を制限してしまいました。

オグンとカロンは至近距離にいたため、火縄が全力で攻撃すればオグンを巻き込んでしまいます。

この選択は、今後の展開に関わってくるのではないでしょうか!?

炎炎ノ消防隊【245話】考察予想

遂に姿を現した最強の守人、ドラゴン!!次回からはドラゴンとアーサーの戦いが始まりそうです!

以前はドラゴンに全く歯が立たず、敗れ去ったアーサー。今回は最強の剣を持ち、再びドラゴンに挑むでしょう!

ここからは、アーサーの活躍が見られそうです。

しかし、苦戦は必至・・・。簡単に勝てる相手ではありません。

さらに守人の後に控えているのは、大きな力を持つ柱たち・・・。

その柱たちを相手に、第八はどう戦うのでしょうか!?

炎炎ノ消防隊【245話】へ

まとめ

この記事では、炎炎ノ消防隊【244話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「炎炎ノ消防隊」のアニメや漫画を1冊無料で読む