葬送のフリーレン

葬送のフリーレン74話ネタバレ最新確定と感想は?少女の正体は敵魔族?

こんにちは。ひらりです。

2021年11月24日発売の週刊少年サンデーより、葬送のフリーレン74話「神技のレヴォルテ」を読みました。

73話では、北部高原の村で魔族討伐の人を受けたフリーレン一行は、魔族を探しに行くチームと村の遺体を守るチームとで別れる事に。

そして探索チームとなったフリーレン、フェルン、メトーデの3人の前に敵魔族の魔法使いが出現! しかしフリーレンはフェルンに戦闘を全て任せてしまって……!?

それでは、この記事では、葬送のフリーレン74話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

葬送のフリーレン74話ネタバレ最新確定「神技のレヴォルテ」

村に残ったシュタルクとゲナウは、日が落ちているので焚火で暖を取ります。

近くで魚を釣ってきたシュタルクがフェルンに内緒の夜食を取りながら、敵魔族についてゲナウに質問。

ゲナウは、四刀流という珍しい戦い方をする魔族に心当たりがありました。

それは彼の相棒を殺した「神技のレヴォルテ」。

その四本の剣はいずれも魔法で作り出された代物らしく、頻繁に形は重さを変える変幻自在の剣だそうです。

そして、そんな殺意の高い武器を作るような魔族は何度も人を襲って回る傾向が高いのだとも。

二人がそんな話をしていると、そこに件のレヴォルテがやはり襲撃をかけてきます!

初撃をかわされたレヴォルテは、ゲナウの顔に見覚えがあったので話しかけてきましたが、ゲナウは無視して戦闘続行。

シュタルクは自分の身を守るのに精いっぱいなためゲナウを心配しますが、ゲナウは魔法で作り出した大きな黒い翼を操って敵の攻撃をガード。

ゲナウもまた魔法で作り出した武器での接近戦を得意としていたのです。

二対一ですが、敵の方が技量も手数も上だと判明し苦戦を強いられるシュタルクとゲナウ。

しかしシュタルクが頑丈さを武器にわざと敵の一撃を貰い、そこにトドメを刺しにきたレヴォルテの背後から、ゲナウが魔法の翼で攻撃!

レヴォルテを追い詰めますが、そこでレヴォルテはまた口を開き、ゲナウの相棒を殺した時の話をし始めました。

ゲナウはそれを無視しようとしたものの、その時どこからか現れた幼い少女の姿を見つけ、少女を敵の攻撃から守るために後退。

子供を庇って死んだ相棒を思い出してしまったがための、咄嗟の行動でした。

ところが、その少女の正体は敵魔族が変身したもの。

少女魔族からの不意打ちを食らって負傷するゲナウ。

それでもカウンターであっさりと少女魔族を屠りましたが、その間にレヴォルテが立ち上がって戦線に復帰してしまいます。

人間には子供を守る習性があるのだと、以前に子供を庇ってやられてしまったゲナウの相棒の最期から学んだというレヴォルテ。

自分も似たような死に方をするのかと自嘲気味に薄く笑うゲナウでしたが、そこにボロボロのシュタルクもまた戦線復帰。

戦いは最後まで立っていた者の勝ちなんだ、と師匠アイゼンの教えを口にするシュタルクに、ゲナウもまた気合を入れ直すのでした。

葬送のフリーレン74話感想

今回は村に残留した男子チームの戦いが描かれましたね。

子供(魔族でしたが)を庇って重傷を負うあたり、やっぱりゲナウも優しい心根の持ち主でした。

そして彼一人ならきっとあのままやられていたのでしょうが、シュタルクがボロボロになりながらもかなり気合の入っている感じで立ち上がってきましたので、ここは何とか乗り切れそうな雰囲気です。

二人いた敵魔族も既に一人倒しましたし、他に伏兵がいる事も無さそうですので一気に決めて全員で生還してほしいです。

葬送のフリーレン75話考察予想

最近は魔法使いの戦闘が多かったので、この辺りで戦士シュタルクの大きな見せ場も来てほしいところです。

今回も活躍と言えば囮役を買って出た事くらいですし、そろそろ何か目立つ戦果があってもいいと思うんですよね。

別動隊のフリーレン達が戦闘を開始したのとほぼ同じタイミングでシュタルク達も襲撃されたのでしょうから、彼女達も救援もあまり期待できませんし。

フェルンの方が「実力は勝っているから後は気持ちだけ」みたいな話になっているのと同様、

シュタルクの方もあれだけ事前に「レヴォルテの剣を正面から受けるのは危険だ」と言われていたのに、今回ラストでは見事正面から受け切っています。

追い詰められたフェルンとシュタルクが大活躍する形で、今回の討伐任務は片が付くのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、葬送のフリーレン74話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでお付き合いくださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年サンデー」を1冊無料で読めちゃうのはこちら