ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ297話ネタバレ最新確定と感想は?アシリパと白石の脱出作戦とは!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月18日発売の週刊ヤングジャンプより、ゴールデンカムイ【297話】「五稜郭脱出」を読みました。

296話では、

止まらない敵の勢いを止めるためには鶴見を倒さなくてはならないと言う土方と共に杉本が戦っていました。

一方隠れて戦場を見守っていた白石は次々に入口が突破されている状況から権利書を守るため、アシリパに逃げることを進言します。

それでは、この記事では、ゴールデンカムイ【297話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ゴールデンカムイ297話ネタバレ最新あらすじ

北口からも第七師団が突入しソフィアたちが応戦します。

兵士の1人が手投げ弾をソフィアに向けて投げ、仲間たちはソフィアを庇いました。仲間の屍の下、生き残ったソフィアはまた立ち上がり戦いを続けます。

五稜郭から聞こえる激しい戦闘の音に、近隣の住民たちは困惑しています。

そんな住民の間から1人の騎手が飛び出して行きました。

五稜郭内でと北側の馬小屋が勢いよく燃え始めます。全ての兵士の目をほんの少し引いたその火災が、白石の合図であることに杉元は気がつきます。

白石は第七師団の服を奪い、馬に乗り闘争を始めていました。

杉元は土方に一旦退いての立て直しを提案します。しかし土方は答えません。

鯉登は走り権利書を濡らさないように東口を通って杉元たちが逃げるかもしれないと部下に伝えます。丁度その時、伝令のふりをして第七師団の間を通過しようとしていた白石が鯉登に見つかりました。

アシリパと権利書が入っていると思われる袋を避けて、白石が狙われます。

前からも兵士が現れ白石が動揺した瞬間、袋の縄が鯉登に斬られてしまいました。

袋は落ちて大ピンチ。その時、白石の後ろから永倉が助けに来てくれます。

袋を必死で心配する白石ですが、実は中身は偽物。アシリパは濡れないように権利書を持って塀のふちで待機しています。

本来であれば馬を使いアシリパを回収する計画でしたが失敗してしまったためアシリパが1人で逃げてくれることを願います。

白石が来ないため辺りを見たアシリパは都丹の遺体を発見しました。そんなアシリパの元に迫るのは・・・。

ゴールデンカムイ297話感想

白石が分かりやすく背負っていた袋がアシリパではないことはなんとなく予想出来ました。しかしアシリパを安全に回収する計画が失敗。これが白石です。

白石が来ないことを疑問に思い双眼鏡を覗いたアシリパが都丹を見つけた時は胸が痛くなりました。座って死んでいた都丹が倒れていました。

一緒にここまで来た仲間が死んでしまった、そういう戦いであることは分かっていたはずですがまだ子供のアシリパにとって仲間の死が続くことはかなりのダメージであるはずです。

ゴールデンカムイ298話考察予想

アシリパに危険が迫ります。狙いは権利書でしょうが、アシリパに因縁を持っているあの男であるため危険です。

橋の上では鯉登と永倉の戦いが始まり、ここでもどちらかが死ぬことになるでしょう。鯉登が死ぬタイミングはここではないと予想しているため、この戦いで死ぬとすれば永倉ですが、永倉にも死んでほしくはないです。

杉元と土方の行動についても決定していないため行方が気になります。

▷ゴールデンカムイ298話へ

まとめ

この記事では、ゴールデンカムイ【297話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングジャンプ」を1冊お得に読めちゃうのはこちら