ハコヅメ~交番女子の逆襲~

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【140話】最新話ネタバレ感想|天才と秀才

こんにちは。ひらりです。2020年11月5日発売のモーニングより、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【140話】「天才と秀才」を読みました。

139話では、署内の風通しをよくするために昼食会が開かれました。

そこでは若手職員同士はとてもよい関係を築いていることが分かりましたが、猿渡はなんだか嫌な不安を感じていました。後に、この不安は最悪の裏切りとして現実のものになりました。

それでは、この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【140話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▷ハコヅメドラマ無料見逃し動画を見る方法

▷ハコヅメドラマ何巻何話までか予想!無料で漫画を読みたい人はこちら

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【140話】最新話ネタバレあらすじ

町山警察署武道場に非番の若手署員4人が集められました。既に来ていた山田は、若手に指示を出します。

この日は引ったくり事件に応援に来てくれた捜査員に感謝するための鍋パーティーの準備を進めるために若手が集められたのです。

あからさまにこの仕事を嫌がる川合ですが、休日の川合たちはこの作業を仕事とは呼べません。ちなみに山田たちはこのために年休を取らされています。

帰りたいと訴える敷根ですが刑事課長にそう伝える勇気は持っていません。

そこに県警一のスーパーエースペアと呼ばれる中富係長と鎌田部長の刑事ペアがやってきました。

鍋パーティーが始まると、お互い誉めあっているようでしたが鎌田が町山の刑事課長と源に嫌みを言いました。ペアの中富は青ざめています。

対する刑事課長は、静かに反論しますがその場の空気がどんどん悪くなっていきます。

そこに川合がお酒を運んできます。鎌田と中富は川合の似顔絵のファンだと川合に伝えます。

そしてそのまま鎌田が川合にセクハラと思われる言動をしました。

源がやんわり止めようとすると、鎌田はそのまま聴取の時の出来事を話し始めます。しかしその話も結局は源への嫌みでした。

鎌田が上司に呼ばれて席を立つと、中富も立ち上がりました。

去っていこうとする中富を呼び止めた源は、川合へのセクハラについて中富に伝えます。

ペア長は中富のため、鎌田のことは中富が止めるべきだったのです。

何も感じなかった川合ですが、源は嫌なことはハッキリと言えと川合に説教します。

翌朝、源はまだ怒っていました。悪い気分はしなかったと答える川合ですが、源は納得がいきません。そんな源に川合の方がぶちギレました。

中富たちが本部に帰ると言うため川合は見送りのために走っていきました。

見送りに出る人数が多いことから中富の信頼の厚さを知り、源は自分に足りないものについて考えるのでした。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【140話】感想

何かモヤモヤする話でした。最後にはすっきりするだろうか、と考えながら読んでいましたが結局すっきりすることはなく・・・。

これはどこかに繋がる話なのでしょうか?最近源がおかしいと感じる話が多いように感じます。

警察であることに悩んでいるのか、今の人間関係に悩んでいるのか分かりませんが、またちゃらんぽらんな源が見たいなと思っています。

藤も同じように感じることがあるため、人間関係が崩れてしまうような気がしています。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【141話】考察予想

気になるのは前回の話の続きについてですが、続きはまたしばらく後になるのでしょう。

今回の話での源の異変は川合に対するセクハラのことであり、前回の話で議題に出たのも男女の話でした。

あはん事案などと簡単に言えないような、重大な男女関係のトラブルが起きてしまう気がしています。カナ、藤、源・・・。

もう楽しい時間はなくなってしまうのでしょうか?次の長編は、川合はあまり関わってこないような気がするので主人公不在かもしれません。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【141話】へ

まとめ

この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【140話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」の漫画を1冊無料で読む