はじめの一歩

はじめの一歩1358話ネタバレ最新確定と感想は?リカルドとの試合は?

こんにちは。ひらりです。

2021年10月20日発売の週刊少年マガジンに、はじめの一歩1358話が掲載されました。

1357話では、星からのパンチを耐えた今井はそこから驚異の反撃を見せました。

リバーブローを食らってからはもう手が出なくなってしまった星が危険であるため試合は強制的に終了。

今井は目標となる幕之内世代が全員リングからいなくなったことに対する怒りを堪え続けていたのです。

それでは、この記事では、はじめの一歩1358話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

はじめの一歩1358話ネタバレ最新確定「リカルドとの試合は叶わない?」

世界に挑んでいる千堂の次なる相手はリカルド・マルチネスのはずでした。

伊達と2度戦い、伊達からボクサー生命を奪うことになったリカルド・マルチネスですが今回千堂の相手はしてくれないようです。

それはリカルド本人が別の対戦相手の名前を出したからです。

日程や詳しいことはまだだが試合は決まっているのだと言っていたためこのまま順調にいくと思っていたのですが、一体何があったのでしょう。

気の短い千堂の事なので結果次第ではブチキレてしまいます。

はじめの一歩1358話ネタバレ最新確定「間柴戦来るか!」

リカルドとの試合が誰と行われるのかも気になりますが、そろそろ間柴の世界前哨戦です。

これまで階級を変えてこなかったリカルドが階級を変えて間柴と戦うという展開もおもしろいとは思いますが、間柴がこの前哨戦に勝てるかどうか危ういところです。

間柴は自分が強いと思い込んでおり、この試合を甘く見ています。

しかし一歩は甘くみられる相手ではないと間柴に話していました。

一歩の言葉が届いていれば間柴も少し気持ちを入れ替えているかも知れませんが、間柴の性格からすると難しそうです。

はじめの一歩1358話ネタバレ最新確定「一歩の気持ち」

最近やけに一歩の進退について周りが反応しています。

あくまでも推測ですが宮田が一歩との試合を諦めきれずに宙ぶらりんになっていることや、鷹村の言葉、そして今回今井の口から溢れ出した本音。

周りは皆一歩の復帰を望んでいるのです。

それでもなおポカンとしている様子の一歩がどうして気づかないのか不思議でたまりません。

今井の言葉は千堂にだけ伝えられたもので一歩には聞こえていませんでしたが、リカルドのことで腹を立てている千堂から八つ当たりのように今井のことを伝えられた時、

流石に一歩も真剣に自分の気持ちに向き合うのではないでしょうか。

はじめの一歩1358話ネタバレ最新確定

リカルドの対戦相手は自分ではないと聞かされた千堂はすごい剣幕で藤井に突っかかっていきます。

そんなことを言われても藤井はただ聞いた情報を伝えているだけなので困っていると、一歩が仲裁に入ってくれました。

千堂VSゴンザレス戦で勝った方と対戦すると言っていたのはリカルド本人ですが、藤井はそれが契約書を交わした正式な物ではなく口約束なのだろうと聞きます。

しかし千堂にとっては男の約束は何よりも重いのです。

リカルド本人が言った、だから自分と戦うはずだと声を荒げる千堂ですが、藤井はリカルドが会見をしたということはもう別選手との試合が確約されたのだと言います。

感情を抑えきれない千堂は、叫び声と共に右の拳で壁を殴ろうとします。一歩は壁側に立ち急いで千堂の拳を受け止めました。

折角治った拳が壁に叩きつけられることで粉砕骨折してしまうからです。

千堂はただただ怒っていました。

板垣はここで対戦相手は誰なのかと気にします。

リカルドは1位の指名挑戦者としか戦わないと公言しており、WBA1位は千堂なのです。

そんなリカルドが選んだ相手は、WBA3位。一歩の頭に1人の男が浮かびます。

対戦相手は以前一歩に敗北した元インドネシア王者のウォーリーだったのです。

一歩と戦った時点では3戦しかしていなかったウォーリーはいつの間にか25戦も試合を重ね、一歩以外には全て勝利、19KOの記録を持っています。

世界中を回りドサ回りのような試合もこなしたようで、25戦全てを正式にカウントしていいのか分かりませんが、とにかく強くなったのは確実です。

ウォーリーを追う記者は、ウォーリーが終着点となるリカルドと戦いもしものことがあれば、ウォーリーは新たな出発点に立つと記していました。

ウォーリーの話を聞いて興奮する一歩ですが、千堂の怒りは全然収まっていません。

はじめの一歩1358話感想

怒って壁を殴ろうとする千堂の拳を止めた一歩にはやはり現役に戻って欲しいと感じました。

怒っている千堂の拳は、試合さながらの威力を持っていたはずです。

それを咄嗟に素手で止めた一歩は、トレーナーレベルではなくまだまだ現役としてやっていけるはずです。

自分が倒した相手がどんどん強くなっている、その事実に少しでも心を動かされてくれればと思います。

千堂の怒りはある程度想像出来ましたが、とばっちりを受けそうになった藤井が少し不憫でした。

▷はじめの一歩1359話へ

まとめ

この記事では、はじめの一歩1358話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

はじめの一歩

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT初回限定31日間無料!

入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1!

『はじめの一歩』も7月1日から131巻解禁です(ポイント購入)

▼はじめの一歩を見てみる▼