はじめの一歩

はじめの一歩1361話ネタバレ最新確定と感想は?死神の憂い!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月17日発売の週刊少年マガジンに、はじめの一歩1361話「死神の憂い」が掲載されました。

1360話では、ウォーリーがヴォルグの元に到着し、これから試合まで一緒に練習することが決まりました。

相変わらずのウォーリーですが、強くなったことは確実。

リカルドも苦戦するだろうとヴォルグが言う中、リカルドは唯一ウォーリーに勝利した一歩のことが気になっていました。

それでは、この記事では、はじめの一歩1361話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

はじめの一歩1361話ネタバレ最新「ウォーリーとヴォルグのスパーリング」

早速本来の目的であるスパーリングを開始します。

ヴォルグが潰れてしまわないように団吉はヴォルグの他3人の選手を用意していますが、最初はヴォルグがするでしょう。

ものすごいスピードで戦歴を重ねて来たウォーリーの戦いがようやく見られます。

速さ、パワー、防御力全てが上がっているはずですが、攻撃主体の戦い方をするのではないかと思われます。

ヴォルグは仮想リカルドとしてリカルドの戦い方をしてくれるはずですが、自分のスタイルでないと負けてしまうとスタイルを崩してしまうのではないでしょうか。

はじめの一歩1361話ネタバレ最新「スパーリング中断!?」

ヴォルグも試合を控えています。

お互いにムキになり潰れてしまわないように数人の選手が準備されているとは言え、1回1回のスパーリングが過酷なものになるでしょう。

そうなると団吉はスパーリングを中断させます。

今のウォーリーにはスパーリングの必要はないと判断した団吉はこれ以上ウォーリーとヴォルグを戦わせません。

これでヴォルグも守られることになりますが、ヴォルグのプライドが折られることになればそれはそれで試合に影響を及ぼしてしまう気がします。

はじめの一歩1361話ネタバレ最新「因果の中心にいる男」

ウォーリーの情報を得ているリカルドはその中で一歩の名前を聞きました。至る所で一歩の名前を聞くことについてリカルドも気になっている様子。

ウォーリーとの戦いの結果がどうであれ、一歩の名前を出すのではないでしょうか。

ウォーリーに勝てば千堂戦をすると思われるリカルドですが、一歩と戦ってみたいと言い、ウォーリーに負けてしまった場合は一歩にしか倒せないと言います。

王者からの復帰打診を受けて一歩は本当に復帰を考えることになるのではないでしょうか。

はじめの一歩1361話ネタバレ最新確定「死神の憂い」

トレーナーとしてロードワークをこなしながら一歩はウォーリーのことを考えています。

ヴォルグに合流したらしいと耳にした一歩は、この選択が素晴らしいと評価します。

頭ではウォーリーのことを考えながらもロードワークはいつもの激しさ。それでも金太郎と泰平はついて来ます。

ついてこられるようになったと一歩が褒めると、2人は一歩を抜くことが目標なのだと答えました。

現役を引退した一歩にとっては嬉しい限りです。

しかし、2人は一歩の引退はやはり勿体ないと話します。一歩に負けた人たちは皆活躍しています。

その流れから話題は一週間後に行われる間柴の試合に変わりました。

その間柴は試合前の食事制限で質素な食事しかしていません。これでもフェザー級の時に比べるとかなり楽です。

心配する久美のことを間柴は心配しました。すると久美は間柴に見えないところで食べると答えます。

自分のことを気にかけてくれる久美に、間柴は誰かと付き合わないのかと聞きます。

金持ちならば認めるという間柴は、病院で言い寄って来た誰かとなら付き合っても良いと思っているのです。

しかし久美が全て断ったというと、条件を金持ちからやはり自分より強い男だと変えました。

間柴はそろそろ久美が自分の元を離れても良いと思っています。それでも、安心だけはさせて欲しいのです。

誰か強い男を連れてこいという間柴に、久美は1人連れて来たと言うも間柴は間髪おかず認めないと言いました。一歩の事です。

間柴自身理恵のことをどう思っているのかも話してくれないため、久美はこの話を強制終了させました。

間柴もそろそろ落ち着けばいい、そう久美に言われた間柴ですがいつまでボクシングを続けるかの答えは出せません。

間柴自身が自分を認められていないのです。

はじめの一歩1361話感想

タイトルどおり今回のメインは間柴の話になりました。

自分が一度ぶっ飛ばしたくせに病院で言い寄った男と付き合っても良いと言うところに、久美には早く幸せになって欲しいという間柴の焦りが感じられました。

理恵のことを送って行った際、久美のことは一歩に任せたことから間柴は一歩のことを認めたのだと思っていましたが、どうも違ったようです。

それも久美の前だからでしょうか。一歩は強さも財産も十分に持っているはずなので久美にとっては最高の相手だと思います。

▷はじめの一歩1362話へ

まとめ

この記事では、はじめの一歩1361話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

はじめの一歩

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT初回限定31日間無料!

入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1!

『はじめの一歩』も7月1日から131巻解禁です(ポイント購入)

▼はじめの一歩を見てみる▼