僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【299話】最新話ネタバレ感想|ホークスの過去!邦画の辛いヤツ

こんにちは。ひらりです。

2021年2月1日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【299話】「邦画の辛いヤツ」を読みました。

298話では、ヴィランたちは各地の刑務所を襲撃しヴィランたちを解放、混乱に乗じて死柄木の体を休めようとしていました。

負傷したヒーローたちは生徒も含めて目を覚まし始めた中で、爆豪が心配している出久だけは未だ目を覚ましていませんでした。

それでは、この記事では、僕のヒーローアカデミア【299話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

僕のヒーローアカデミア【299話】最新話ネタバレあらすじ

これはホークスの過去の話。罪を犯した父はホークスが街に出ると怒り、暴力を振るいました。

ホークスは家では邪魔者扱いです。

犯罪者である父は、ホークスが生まれてしまったせいで逃げることが出来ないといつも思っています。

ある時転機が訪れます。家に帰ったホークスは、父が捕まったと母から告げられました。

エンデヴァーに捕まった父。

ずっとテレビの中だけの架空の存在だと思っていたヒーローが本当に存在することをホークスは知ります。

衝撃が走ったホークスですが、母は父と共に罰せられると感じホークスを連れて家を出ました。

しかし生活能力はありません。母は罪を迫りますが、ホークスは正しくあろうとしました。

ホークスはその後「鷹見」を抹消して母と共に生活を支援してもらえることになります。

ここで現在。ホークスはベストジーニストの運転する車の中で目を覚まします。

酸素マスクを着けており喋ることが出来ないホークスはスマートフォンの音声を使い会話します。

1人だけ寝ていたことを謝るホークスに、ジーニストは怒ります。それは高度な医療を受けていなければ今もホークスは危険だったことと、自分の死の真相についてです。

ホークスの案で脳無から着想を得た仮死手術を受け、死んだと見せかけていたジーニスト。

本物ジーニストの仮死体であるため無事に荼毘たちを騙すことが出来、さらに共有保管となりましたがホークスはこっそりジーニストを蘇生させました。

話しの途中ヴィランを見つけ退治したジーニストは、ヒーローのいない町にサイドキックを配置することを決めます。

ヒーローは逃げてしまったといい、街の人はヒーローへの信頼を失っています。

ホークスは復帰の前に自分の家「羽飼」家に立ち寄りました。しかしそこに母の姿はありません。

突如来た男の人に鷹見のことを聞かれ話してしまったから消えると書かれた母からの手紙が家に残されていました。

ホークスは自分の名前が荼毘にばれているならば母しかいないと薄々感じていました。

鷹見を抹消すると言うことは元よりホークスと母の関係も消えること。

元々そうするはずだったのだと言うホークスは、小さなころに母がエンデヴァー人形を買ってくれた時のことを思い出していました。

ホークスはマスクを外ししゃがれた声で話します。

公安の指示も、母の縛りもなくなり自由となった今、原点であるエンデヴァーが困っているから助けに行くとホークスは言いました。

僕のヒーローアカデミア【299話】感想

ホークスの過去にまつわる回でした。群訝山荘での戦いの際に、荼毘の口から始めて出て来たホークスの名前。

元の名を捨て、ホークスとして生きて来たホークスですが、完全に家族を捨てていなかったことを裏目に出たわけです。

しかし、ホークスはそのことに後悔はしていない様子。

父を怒らせないためとはいえ、一緒に買い物に行きエンデヴァー人形を買ってくれた母のことをホークスはきっと大好きなのです。

切なくも暖かい話だと感じました。

僕のヒーローアカデミア【300話】考察予想

ジーニストがヴィランを倒した時に明らかになった各地の様子。警察は忙しく、ヒーローは逃げ出し無法状態です。

ただでさえヒーローを信じていいのか不安だった市民は、今現在のヒーローの行動でトドメを刺されたはずです。

こうなってしまえばヴィランでなくても暴動を起こしたりとさらに状況は悪化していきます。ホークスはエンデヴァーの元でもう一度ヒーローが今すべきことを確認します。

しかしエンデヴァーは今まだ周りのことを考えることができません。

まとめ

この記事では、僕のヒーローアカデミア【299話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。