かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい【207話】最新話ネタバレ感想|男と女のABC③

こんにちは。ひらりです。

2021年2月18日発売のヤングジャンプより、かぐや様は告らせたい【207話】「男と女のABC③」を読みました。

206話では、かぐやは早坂、眞妃、柏木とのお茶会で男性と性交したいのかを問います。

それぞれ大人っぽい意見を披露するのですが、唯一の経験者である柏木は彼氏の翼への文句を話し、

彼を好きな眞妃は必至に耳を塞いで聞くまいとしていました。

そして柏木は男性は性交による女性へのリスクを分かっていないと主張します。

それでは、この記事では、かぐや様は告らせたい【207話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▶「かぐや様は告らせたい」を1冊無料で読む

かぐや様は告らせたい【207話】最新話ネタバレあらすじ

お茶会で早坂はかぐやに男性のエロさは狼が肉を食べたがるようなものと例えますが、それでも大抵の男性は節度を守ると言います。

柏木はかぐやに互いに上辺を取り繕うのはマナーで怖がり過ぎないようにと忠告しました。

かぐやは白銀を怖がらないようにと決意しながら生徒会に向かいます。

そこでは白銀が猫の胡麻の助を見つめて可愛いと思っていたのですが、その体にひっつき虫がたくさんついているからとってやろうとしますが胡麻の助は逃げ回りました。

胡麻の助がひっつき虫をまきちらかしたのを見てかぐやは猫嫌いなので胡麻の助が出入り禁止にされると恐れます。

白銀の股間にもひっつき虫がついており、それをとろうとしているところに訪れたかぐやはぎょっとしましたがすぐ事情がわかりほっとしました。

かぐやは胡麻の助を抱き上げて白銀に迷惑をかけるとワニの餌にすると忠告し、白銀は胡麻の助にかぐやはやると言ったらやるぞと注意を促します。

その時白銀はかぐやの胸にひっつき虫がついていることに気付きますが、指摘したらかぐやが激怒して胡麻の助を出入り禁止にするのではと恐れ、かぐやに気付かれずにとることにしました。

かぐやは白銀が自分の胸を凝視していることに気付き白銀が自分に対し卑猥な妄想をしているのではないかと思い赤面します。

対して白銀は胡麻の助と仲良くなって可愛がることを想像していました。

考えた白銀はハンドタオルを鞭のように操ることでかぐやからひっつき虫をとろうと考え練習します。

かぐやはその様子を見て一体どんなプレイをされるのかと怯えました。

白銀はさりげなくハンドタオルでとろうとしましたがかぐやは避け、白銀がSMプレイをしようとしていると考えます。

白銀はかぐやのお尻にもひっつき虫がついていることに気付きそこを狙うのですがかぐやは避けました。

そこに藤原と石上が来てかぐやは白銀は藤原を狙うのではと期待しますが白銀はかぐやしか見ていません。

その時、白銀は石上の股間にひっつき虫がついていることに気付きハンドタオルをしならせてとります。

藤原はかぐやにひっつき虫がついていることに気付きとってあげました。

白銀は今までのことは胡麻の助のためにやっていたことを明かし、かぐやはいやらしいことを考えていたのは自分だったとショックを受けます。

そしてかぐやは八つ当たりで胡麻の助をワニの餌にすると言い、白銀と藤原は胡麻の助を逃がしました。

かぐや様は告らせたい【207話】感想

最近はシリアスとギャグのバランスが素晴らしいと思っていたこの漫画ですが、今回は全面的にギャグで久しぶりに気楽に読めました。

その雰囲気的に初期を思い出しましたが、互いに本音を言えないところはその頃と共通しています。

今回は白銀のぽんこつさがよく出ており、胡麻の助を眺める顔が可愛いですし、

ひっつき虫をハンドタオルの鞭でとろうというアホな発想がたまりません。

かぐやも頭の中がピンク色で白銀との掛け合いがおかしくて面白い回でした。

かぐや様は告らせたい【208話】考察予想

今回、白銀が性の事ばかり考えているわけではないことにかぐやは気付きこの件はひと段落したのではないでしょうか。

それよりも白銀にとって重要なのは胡麻の助に好かれることで、そのことがきっかけで胡麻の助の飼い主であろう阿倍ひふみと知り合うのではないでしょうか。

そして石上と伊井野はクラスメイトで難題女子の1人である不知火ころもとの関係もそろそろ描かれるのではないでしょうか。

おそらくは失恋した石上の次の恋の相手がその不知火で、伊井野はその様子を見てやきもきするのではないかと思います。

かぐや様は告らせたい【208話】へ

まとめ

この記事では、かぐや様は告らせたい【207話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「かぐや様は告らせたい」を1冊無料で読む