賭博堕天録カイジ

賭博堕天録カイジ【376話】最新話ネタバレあらすじ感想|あり得ない勘違い

こんにちは。ひらりです。

2021年1月25日発売のヤングマガジンより、賭博堕天録カイジ【376話】「追尋」を読みました。

375話では、カイジが買ってきたエロ本の中に、表紙が羊のものを発見した石高。そこから、カイジは動物に性欲を感じる異常者だと推測します。

翌朝石高が起きると、愛犬のポチを散歩に連れて行っていたカイジ。石高はカイジを追いかけ、ポチを奪い返すのでした。

それでは、この記事では、賭博堕天録カイジ【376話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「カイジ」の漫画を1冊無料で読む

賭博堕天録カイジ【376話】最新話ネタバレあらすじ

ポチを抱きかかえ、カイジから遠ざかる石高。

家に着くと、木崎が待っています。

不安そうな顔をした木崎は石高に近づき、何があったかを尋ねました。

公園で見たことを話す石高は、ポチが凌辱されそうだったと語ります。

半信半疑でしたが、ここは石高の言うことを信じる木崎。

ただ、これ以上この話は口にするなと釘を刺します。

これは、自分と石高の2人だけが知っている事実。

それをみんなの前で暴露するのは、かわいそうだと木崎は考えていました。

木崎の気持ちは分かるものの、なぜか下を向く石高。

そこに、カイジが帰ってきます。

すると・・・石高の腕から飛び出したポチ。

短期間でカイジに懐き、走り出したのです。

カイジに飛びつこうとするポチを追い、再び抱える石高。

その様子を見て、チャンはカイジに尋ねました。

公園で何があったか問われ、蹴られたと答えるカイジ。

さらに、去り際にハムスターと叫ばれたと言うのです。

実際、石高が叫んだ言葉は〝モンスター〟。

これは、単なるカイジの聞き間違えでした。

何か勘違いをされていると気が付き、石高に近寄るカイジ。

自分がポチを苛めていたと、誤解したのかと尋ねます。

そんなカイジの言葉を聞き、怒りを募らせる石高。

カイジの性癖を勘違いしている石高にとって、カイジの言葉は虚言としか受け取れません。

さらに、その怒りはマリオとチャンにまで・・・。

2人がカイジの性癖を知っているかどうか、石高は気になり始めました。

そこで、2人にカマをかけます。

旅をしている3人に対し、旅先で別行動が多いかどうか尋ねる石高。

3人は分かれて銀行口座を作る作業をしており、必ず別行動でやることがあると答えます。

チャンの答えを聞き、石高はカイジの性癖を確信しました。

別行動の間、カイジが動物を凌辱していると考えたのです。

木崎の言ったことを思い出し、心にブレーキをかけようとしますが・・・・。

石高は、我慢ができませんでした。

全国の飼い犬や動物たちをカイジの手から救うため、戦うことを決意!!

母親を家に帰し、石高はキャンピングカーへと歩き出します。

そして、キャンピングカーの中に入っていきました。

カイジの性癖を知らないであろうチャンとマリオに、カイジはアニマルレイパーだと伝える石高。

唖然とする3人に、証拠のエロ本を見せます。

しかし・・・それはすべて、動物の衣装を着た人間!!?

コスプレのエロ本が多かっただけで、石高は自分の勘違いに気が付きます。

賭博堕天録カイジ【376話】感想

カイジの性癖について、あり得ない勘違いをしていた石高。このまま別れるのかと思いきや、誤解は解けましたね。

置いてあるエロ本を手あたり次第買ったカイジ。偶然が重なり、誤解へとつながりました。

この誤解が続けば、石高はキャンピングカーの交換を拒否した可能性もあります。

カイジたちにとって、この誤解が解けたのは好材料でしょう。ある程度の日数を石高家で過ごしたカイジたち。

そろそろキャンピングカーの書類が届いても、いいころだと思います。

賭博堕天録カイジ【377話】考察予想

石高の誤解が無事にとけ、ポチと遊ぶ許可までもらったカイジ。次回はキャンピングカー借用の書類が届き、旅立ちとなると予想します。

この旅立ちの決定によって、おそらく開催されるのは最後の飲み会。ここで気が緩み、カイジたちが失敗する可能性はまだ残されています。

出発のその瞬間まで、気を抜くことができませんね。

無事にキャンピングカーの交換が終わると、そこからはカイジたちに有利な展開となります。

石高家の出発の瞬間が見られれば、カイジの逃亡生活はまだ続くと思います。

まとめ

この記事では、賭博堕天録カイジ【376話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

最新の「ヤングマガジン」を無料で読む