週刊少年マガジン

カンギバンカ【11話】最新話ネタバレあらすじ感想|野盗の知恵

こんにちは。ひらりです。

2021年2月3日発売の週刊少年マガジンより、カンギバンカ【11話】「野盗の知恵」を読みました。

10話では、自分をかばって毒を受けた宗慶を救うため、京の医者を尋ねた九兵衛。曲直瀬一渓という変態医者と出会うことになります。

最初は興味のなかった一渓ですが、毒と聞き反応・・・。毒マニアの一渓が、力を貸してくれることとなったのです。

それでは、この記事では、カンギバンカ【11話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

カンギバンカ【11話】最新話ネタバレあらすじ

京を出て、寺へと戻る九兵衛たち。

宗慶の毒を楽しみにし、一渓は上機嫌で歩いています。

ただ・・・動きが遅い・・・。

一刻も早く到着したい甚助は、一渓の荷物を持つと話しました。

しかし、大事な物が入っていると拒否する一渓。それよりも、2人が山道を歩きなれていることを不思議に思っています。

その言葉に、甚助は野盗時代の経験だと話しました。

甚助の軽い発言を、注意する九兵衛。

野盗だったと知られたら、信用を無くす可能性があるのです。

しかし、一渓はまったく気にしません。

この時代、孤児が野盗になるのは仕方ない・・・。

一渓がそう話していると、目の前には数人の男が!?

早くも追手が来たと、身構える九兵衛。

ただ、それは追手ではありませんでした。

男たちの狙いは・・・一渓!?

彼らは一渓が寝取った女性の、旦那たちだったのです。

ヘラヘラと謝る一渓を見て、師匠の田代を馬鹿にする男たち。

その言葉に怒った一渓は、暴言を吐いてしまいました。

男たちは逆上し、追われる展開に・・・。

九兵衛と甚助に謝る一渓ですが、九兵衛は気にいません。

むしろ大切な人のために怒れる一渓を、信用した様子でした。

相手は5人・・・。

そう確認し、いつも通りやると話す九兵衛。

男たちの虚を突こうとしていました。

その言葉に、とっておきを出すと話す一渓。

男たちが泥濘に足を取られている間に、九兵衛と甚助は姿を消しています。

木の上に隠れ、男たちを待っていた二人。

待ち伏せされたと感じた男たちは、九兵衛に斬りかかりました。

しかし・・・二人は囮!!?一渓は隙を突き、とっておきを発動します!

手にしていた筒を一渓が投げると、周囲には煙・・・。

それは、神経毒の一種でした。

これで男たちを無力化できたと、安心する一渓。

ただ、一人の男が気力で体を動かしたのです。

一渓はこれにより、足を斬られることに・・・。

甚助は男に襲いかりますが、それを一渓は止めました。

もう力はないと、男たちに薬を残していく一渓。

彼は、根っからの医者だったのです。

そんな一渓を気に入った九兵衛。

同じく九兵衛を信用し、荷物を預ける一渓。

しかし・・・彼らの行く手を、自然が阻みました。寺への道が、土砂崩れによって崩れたのです。

カンギバンカ【11話】感想

京を出て、寺へと戻る九兵衛たち。しかし、その道中は障害だらけですね。まず、医者である一渓に恨みを持つ男たちが現れます。

なぜこのタイミングで・・・?

そう思う程、間が悪いですね。

近所の病院に住んでいる一渓なら、いつでも襲えたはずです。これは、九兵衛たちに運がなかったと思いましょう!

その後も続くアクシデントにより、道が閉ざされる展開に・・・。足を怪我した一渓を連れて、寺にたどり着くことはできるのでしょうか!?

カンギバンカ【12話】考察予想

寺への道を閉ざされ、遠回りを余儀なくされた九兵衛たち。ここでは、九兵衛の閃きによって乗り切ると予想します。

今まで、知恵で困難を乗り越えてきた九兵衛。

土砂崩れで道がなくなり、普通ならば迂回する選択を取ります。

もしくは、山の上に上がって新たな経路を探す・・・。

ただ、これはけ怪我をした一渓がいるという課題が残りますね。そんな中九兵衛は、普通の人が考える対策の真逆を行くのではないでしょうか!?

土砂崩れの道を突っ切る!もしくは、下に活路を見出すと予想します!

カンギバンカ【12話】へ

まとめ

この記事では、カンギバンカ【11話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。