彼女、お借りします

彼女、お借りします211話ネタバレ最新確定と感想は?全部捨ててでも!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月2日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【211話】「楽園と彼女㉔」を読みました。

210話では、

和から突然水原と付き合っていることに対してお礼を言われた和也は嘘を吐いている申し訳なさに涙を滲ませてしまいました。

本当の彼氏でないからこそ水原の悩みに寄り添うことも出来ない、和也も悩む裏で水原は和也の気持ちを考えています。

それでは、この記事では、彼女、お借りします【211話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼女、お借りします211話ネタバレ最新あらすじ

ホテルの部屋に戻った和也は何度も何度も部屋にあるクッションを殴ったかと思うと、ソファに頭を沈めバタバタと足を動かしました。

和の突然の感謝のせいで、もう絶対に嘘だとばれてはいけない状況になってしまったのです。もしも嘘だと分かれば和のショックははかり知れません。想像もしていなかった感謝地獄の罪悪感が和也を苦しめます。

涙目の和也は水原のことが心配でした。今もおそらく1人で思い悩んでいるはず。

麻美が何をしたのかなども気になりますが、自分に出来ることはもうありません。

この旅行で全てを終わらせると決めていたはずなのに、どんどん事態は悪くなる一方で和也の頭はパンク寸前になりもう投げやりになってきました。

しかしその時、和也の目にスマホが飛び込んできます。気になったのはスマホケース。

そこから水原との記憶が溢れ出しました。

初めて会った時からこれまでの記憶。

和也はこんなところで諦めてはいけないことを思い出します。

そして水原へ心の中で謝りながら、部屋を飛び出しました。

これまで逃げ続けていたこと、全部自分がはっきりしないから悪いこと。

自分が悪いから水原を悩ませ、それでも水原に甘えていました。

レンタル彼女だからこそどれだけ近づいても抱きしめることが出来ません。そのため助けることも出来ません。

毎日毎日水原の事ばかり考えてしまう和也は、水原の笑顔が大好きでした。

今からフラれること、そして和にキレられること、もっと最悪な状態になることも予想出来ます。それでもここで諦められるならばそれは恋ではないのです。

水原に言われた言葉、欲しいものがあるのならば全てを失っても取りに行く。

水原が欲しくてたまらない和也は、教会で座り込む水原に聞いてほしい話があります。

彼女、お借りします211話感想

和也の中に水原との記憶が溢れるシーンはとても良かったです。シーンというより4ページも使われたため、もはやこのための1話だと言っても過言ではないくらいです。

前回の和との一件で諦めそうになった和也が自分の気持ちにようやく覚悟を決めたことで、水原との関係が前に進むことは確実。

それが例えゆっくりだとしても、もう水原を1人で悩ませることはしない和也の気持ちがちゃんと届いてほしいなと願っています。これで本当にフラれたら読者の方が立ち直れなくなってしまいそうです。

彼女、お借りします212話考察予想

遂に気持ちを伝える時。この旅行中に水原は麻美に対して和也はお客さんだとはっきり言いましたが、その心は勿論曖昧な状態でした。

もしここで和也からまっすぐな気持ちを伝えられたら、水原も答えてくれるのではないでしょうか。しかし、周りへの申し訳なさなど水原にもまだ迷う気持ちがあるはずです。

和也はそんな水原の迷いなんて知らない、自分が水原と一緒にいたい、本当の恋人になりたいのだとごり押しで気持ちを伝えるでしょう。

▷「彼女、お借りします」211話へ

まとめ

この記事では、彼女、お借りします【211話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら