キングダム

キングダム【661話】最新話ネタバレあらすじ感想!予想外の展開?什虎城の戦い

こんにちは。ひらりです。2020年11月19日発売のヤングジャンプより、キングダム【661話】「利有り」を読みました。

660話では、什虎城の軍師、寿胡王を捕らえた騰。そこで、楚軍に抗った満羽という将軍の話をします。満羽は必死に楚軍の侵略を防ぐも、遠征中に故郷は投降することに・・・。

その後、満羽は自分の国の民と戦うことになりました。全てを失った満羽ですが、蒙武との出会いで、変化を起こしたと寿胡王は話します。

それでは、この記事では、キングダム【661話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

キングダム【661話】最新話ネタバレあらすじ

満羽の昔話を終えると、自分の首をはねろと話す寿胡王。そんな寿胡王の発言に口を挟んだのは、騰でした。

これからの楚軍との戦いにおいて、多くの情報をもらう・・・。

さらに、自分の目で満羽の結末を見届けろと騰は話したのです。

その頃、戦場から退却する満羽の耳に什虎城陥落の知らせが入ります。

しかし・・・大して興味を示さない満羽。

仕方がないと、楚国の王都に向かうのでした。

そんな満羽の行動に対し、他の弐将は何も言いません。

一方、文句ばか口にしているのは項翼。

将軍としての初陣が後味の悪い形となり、麗に文句をたれるのでした。

什虎城が陥落した知らせは、楚国王都の郢にまで伝わっています。

秦魏同盟の話を聞き、その状況に納得したのは媧燐。

ただ・・・この同盟は、双方にとって裏目に出ると断言しました。

そんな媧燐は立ち上がり、敗戦の将を見に行くと言います。

満羽は切り捨てるべき男なのか、生かすべき男なのか・・・。

自らの目で確かめようとしているのでした。

大して、歓喜に沸くのは什虎城を奪い取った秦国の咸陽。

昌平君の読み通りの結果となり、政は次の手を打とうとしています。

今回の同盟で、利を得たのは明らかに魏軍。

なぜなら、什虎城を得るのは魏軍だからです。

一方の秦にある利は、趙との戦いに集中できること・・・。

これから、秦国は趙の王都である邯鄲を落とす準備を始めるのでした。

その頃、とりあえず什虎城に入城した騰軍と蒙武軍。

場内で、騰と呉鳳明が対峙します。

仇敵を目の前にし、興奮しているのは乱美迫!!

ただ、そのまま去って行きました。

呉鳳明を前にし、騰は同盟と主攻替えの礼を口にします。

その言葉を聞いた呉鳳明は、この同盟は魏国に大きな利が有ると語りました。

什虎城を拠点に、楚国の領土を奪い取ると話す呉鳳明。

騰は、秦国は趙攻めに集中できると言い返します。

しかし・・・呉鳳明は、趙は落ちないと断言!!

李牧が司馬尚を取り込んだ以上、秦国に勝ち目はないと話すのでした。

李牧という強大な敵がいる限り、秦が勝てないと確信している呉鳳明は・・・疲弊した秦国を、魏国が滅ぼすと言うのです。

そんな呉鳳明の言葉を聞き、こちらも断言する騰。

李牧が戻ろうとも3年で趙を滅ぼし、次に魏国を攻めると宣言するのでした。

キングダム【661話】感想

什虎城の戦いは、予想外の展開で終わりを迎えました。しかし、これは戦いの始まりに過ぎなかったようですね。

今回の戦いでは、おそらく秦・魏・楚の三国に利がありました。まず、秦は趙との戦いに集中できること。

次に魏は、什虎城を拠点に楚の領土を奪うことができます。これは、常に明確になっていた利ですね!

一方の楚は、重要な什虎城を落とされて損をしているように思います。しかし、中華の中で最大の領土を誇る楚。

この程度で、揺らぐことはないでしょう!それ以上に、満羽や千斗雲といった猛将が手駒に加わる方に、利があると思います。

キングダム【662話】考察予想

次回から、秦軍は趙国を攻撃し始めると予想します。史実では、王に処刑されることになっている李牧。

前悼襄王の死からそこまで時間が経たないうちに、趙国は滅びることになっているのです。ただ、このキングダムではそうなりそうにありませんね・・・。

李牧は生き残り、信と決着を着けることになりそうです。

それでも、趙国が滅びるのは時間の問題・・・。中華を統一する時期を、引き伸ばす訳には行きません。

趙国が滅びる年は、史実通りになると予想します。

キングダム【662話】へ

まとめ

この記事では、キングダム【661話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでぎご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!