キングダム

キングダム699話ネタバレ最新確定と感想は?列国と1つになることは出来ないのか?

こんにちは。ひらりです。

2021年11月11日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【699話】「首級の数」を読みました。

698話では、

政から虐殺の理由を聞かれた桓騎が特に理由はないと答え斬首を宣告されました。しかし、桓騎軍はそれを阻止しようとします。

摩論が何とか理由をつけて虐殺を正当化しようとするも桓騎自身がそう思っておらず、最も人を殺しているのは侵略を指示する政自身ではないかと揚げ足を取るのでした

それでは、この記事では、キングダム【699話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

キングダム699話ネタバレ最新あらすじ

桓騎の指摘に昭文君や秦国の兵士は何も言わず政を見ています。桓騎軍もまた何も言いませんでしたが、黒桜が突然桓騎の言葉に同調し、政を責め始めます。

政は黒桜の方に目も向けず、黙れと制し話を始めました。

主張を屁理屈と言われた桓騎はこれを屁理屈で片づけるなと言いますが、政が今したい話は捕虜の話です。捕虜の虐殺は命令にないのです。

これも戦争の一部だと桓騎は主張。それが分かっているからこそ、政は断罪に来ました。

政の責任はどうするのだと桓騎は聞きます。すると政は六国を滅ぼしてから背負うと答えます。

何と言われようと政の考えは変わりません。血を多く流すからこそ、兵士と、民・捕虜の命に強く線を引かなくてはならないのです。

政は現六将から白起を出してはいけないのだといいました。

白起とは捕虜を大量虐殺したことで中華を震撼させ、趙の怨念を生んだ武将です。幼少期に身をもってそのことを知った政は、白起のような人物がいては統治が不可能だと分かっているのです。

戦乱の後に列国と1つになるために、と話す政の言葉を遮る桓騎は本気かと聞きます。これまで敵だった相手と仲良くなれると本気で思っているのかと聞いているのです。

政がそうだと答えるため、桓騎は黒桜の意見を聞きます。

すると黒桜は雷土を生きたままばらばらにしたような趙とは仲良く出来ない、皆殺しにすると答えました。

黒桜の意見を聞き、桓騎は難しいという次元の話ではなく人を変えることは無理なのだと言いました。

人に期待しすぎと言われた政は否定しません。信じるがために戦い進むのです。

桓騎とは違うと言おうとした政ですが、ふと何かを考え黙ります。

そして桓騎の斬首を摩論の説明でなしにすることにしました。扈輒軍撃破の功も含めて今回のことは許すと言う政は、次はないと言って去って行きました。

積み上げられた髑髏の元にやって来て政は顔を覆います。そこに信が現れます。

キングダム699話感想

机の上に足を挙げ、王への態度とは思えない態度を取る桓騎。これが桓騎なのだと分かっていますが、それでも気分はよくありません。

政が真剣に話しているからこそ王軍で口を挟む者がいないのも分かりますが、桓騎の言葉を前に返す言葉が見つからないと言うのもあったのでしょう。

この場の緊迫感が伝わってきました。桓騎に切望のことを言おうとして躊躇った政が何を考えたのか気になります。

この出来事以降首の数が記録に残されることはないと書かれていましたが、実際のところ惨劇は起きたのかも気になりました。

キングダム700話考察予想

断罪は政がやること、自分たちがやるべきは与えられた任を全うすることだとテンから言われた信がここに居るということはもう任は終わったと言うことでしょう。

久々の再会となった政と信は今ほど政が桓騎に言われたことについて話します。政は間違っていません。

そのことを自分でも分かっていますが心は揺れているはずです。まだ子供なので仕方がありません。

ここでいつも核心を突いてくるうような信の言葉が、政の道しるべになってくれることを願います。

▷キングダム700話へ

まとめ

この記事では、キングダム699話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングジャンプ」を1冊お得に読めちゃうのはこちら