マイホームヒーロー

マイホームヒーロー136話ネタバレ感想|やっぱり親父には追い付けない

こんにちは。ひらりです。

2021年5月31日発売のヤングマガジンより、マイホームヒーロー【136話】「親父の指揮」を読みました。

135話では、

洋二とその手下たちが1人で逃げ続ける窪を追っていました。

追手から銃を奪い、逃げ続ける窪。窪はそこから武器庫にまでやって来ます。

このままでは銃を奪われてしまう危機感の中、洋二の手下は窪ごと自爆するつもりで武器庫の火薬に引火させ、武器庫は大爆発しましたが、窪は無傷で生きていました。

それでは、この記事では、マイホームヒーロー【136話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

マイホームヒーロー136話最新話ネタバレあらすじ

武器庫の爆発音は屋敷にも聞こえています。胡蝶が気にかけるも、月夜見は胡蝶とその従者1人立ち合いの元で郷一郎の弾の摘出を始めました。

窪は笑いながら走り続けています。そんな窪の前に、ナイフを持った1人の男が現れました。

男がナイフを振り下ろすと、窪は勿論避けます。しかし窪の背後には鍬を持った別の男もいました。鍬は窪の頭をかすめます。

初めて当たった攻撃を見て、洋二は仕留めたかと思いましたが窪は普通に立ち、戦闘態勢を取っています。

そこに現れたのは次郎です。余裕そうに現れた次郎は、無線を聞きここまで先回りしていたのです。

息を切らす洋二は、自分たちには出来なかったことを次郎があっという間にやってのけたことに驚きつつも感謝をし、やはりまだ次郎に追いつくことは出来ないと実感しました。

ここからは次郎が指揮を取り始めます。

武器庫を燃やすことになったことには流石の次郎も参っているようですが、奪われるよりはましだったと考えます。同時に窪相手にもう銃は必要ないだろうと考えていました。

窪は前にいる男の頭を膝蹴りするも、後ろから来た2人に体を掴まれます。足と腰をがっしりと捕まれる窪は自由に身動きを取れません。そこに正面からナイフを持った男が迫ります。

その頃月夜見は郷一郎の頭からパチンコ玉の摘出を完了していました。

外から撃ち込まれたものと同様であることとその他諸々のことを考えると、殺人犯は別にいると月夜見は考えました。しかし胡蝶たちに言うべきか迷い、自分だけで調べ、後に次郎にこっそりと伝えることにしました。

月夜見は哲雄を疑っています。

シーンは戻り窪、は自分に向けられたナイフを男の手を掴んでかわすと、頭突きで男を撃破しナイフを奪います。

そしてナイフ1本であっという間に3人の男を戦闘不能にして逃げていきます。

しかし次郎は同じ状況を何度も作り出しました。囲まれる度に強引に窪は逃げていきますが、疲労は確実に蓄積しています。

しかし窪はまだ笑っていました。

マイホームヒーロー136話感想

ハサミ、ピンセットなどは良いとして、メスではなく小刀や菜箸を使うところが、医者のいない村という設定をリアルに表していました。

しかし今回のメインはやはり窪の話です。前回に引き続きかなり白熱していました。落ち着きのある次郎を見ると、これまですごいと思っていた洋二もとても幼く見えます。

まだまだ小童なのです。だからこそ、次郎が潰された時に全員潰れてしまうのではないかと心配になりました。窪はまだこの殺し合いを楽しんでいます。

マイホームヒーロー137話考察予想

ラストページで窪が座り込んでいる道の先に何やら黒く太い線がありました。

どちらが窪の進行方向か分からなかったので、もしも窪が走って来た道にこの線があった場合、窪が仕掛けたものだと言えます。

可能性としては火薬ですが、武器庫が爆発するまでの短時間で盗むのが可能だったのか、という疑問と自分にも引火するかもしれないリスクを冒すかという疑問があるため、おそらく次郎が用意した者なのでしょう。

この黒い線の正体は一体・・・!?

マイホームヒーロー137話へ

まとめ

この記事では、マイホームヒーロー【136話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングマガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら