マイホームヒーロー

マイホームヒーロー【146話】最新話ネタバレ感想|衝撃!気づかされた真実!

こんにちは。ひらりです。

2021年9月6日発売のヤングマガジンより、マイホームヒーロー【146話】「二人の対話」を読みました。

145話では、

窪を倒すため田んぼの中に様々な仕掛けを隠していた哲雄ですが、不意打ちの発砲は避けられ、その後何をして敵うことなく気を失ってしまいました。

目を覚ますと哲雄はガソリンまみれになっており死を覚悟しましたが、窪はそんな哲雄と話がしたいと言い出し、夢だった殺し合いの環境を作り出してくれた哲雄に感謝しました。

それでは、この記事では、マイホームヒーロー【146話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

マイホームヒーロー【146話】最新話ネタバレあらすじ

窪は哲雄が郷一郎を殺したこと、その罪を半グレに被せたことに気づいていました。その上でまだ哲雄を殺さないことに対して悩む哲雄が黙っていると、窪はどんな手口を使ったのかと聞いています。

窪は本当に話がしたいようでした。

20分もあれば自分の体にかけられたガソリンが揮発すると考えた哲雄は、時間稼ぎのためにも窪との対話に乗ることにしました。

体を起き上がらせた哲雄は、自分がやったと認め手口を説明し始めます。

部下が殺された話であるのに手口を聞いて爆笑する窪は、延人殺しの犯人が哲雄と言われていることについても話し始めます。

一瞬焦るも、時間稼ぎのためにはこの話は認めた方が良いと思った哲雄は、長くなると言った上で話し始めました。これで10分以上の時間が稼げたはずです。

危険が迫ってもなおシラを切り通した哲雄の心臓は鉄の様だと感心していた窪ですが、次の質問で急に目つきが変わります。

延人の父、義辰殺害についてです。

空気が変わったことを感じ取った哲雄は、義辰は自殺だと言いますがその言葉で窪の機嫌は明らかに悪くなりました。

あの日何があったかを説明し終わると、窪の機嫌は少しだけ戻りました。

そして窪は義辰の死で人生が変わってしまったと話し始めます。

稼ぎ頭だった義辰が消えてしまったことで、窪たちは利益の低いシノギを大量にこなすことで何とかやっていました。そんな時にこの村での事件が起きたのです。

窪はまた組織でつまらない人生を続けるか、ここで戦って死ぬかを本気で悩みました。そして部下が全員死んだことで、後者を選んだのです。

勝てるとは思っていなかったわけですが、窪はおかげで殺人の楽しさを再確認できました。

殺害、隠蔽。殺人に関わる全てが楽しいと嬉々として話す窪は、哲雄も同じだろうと聞いてきました。

普通の人間であれば思いついても実行できないことを哲雄はやってのけているのです。

窪と同類だと言われた哲雄は、自分が殺人を楽しんでいたはずがないと思い込もうとするも断言することが出来ませんでした。

哲雄は窪が哲雄との対話を望んだ理由が、同類だと感じたからであると知り衝撃を受けました。

それでも自分には人を殺す理由があったと、窪と同類だということを否定しようとする哲雄ですが、窪は結果が同じならば変わらないと答えました。

窪の言葉を前に、哲雄はその通りだと思ってしまいました。

それでもせめて窪を道ずれにしたいと考えた哲雄は・・・。

マイホームヒーロー【146話】感想

今回の窪はこれまでの冷静に仕事をこなす姿でも、冷血に裏切り者を殺す姿でも、殺人を楽しんで猟奇的に喜ぶ姿とも全く違い、

少年が夢を語る時のように哲雄と話していました。そこからは不思議と“怖い”という感情は一切生まれませんでした。

哲雄はこれまでずっと家族のためにと理由を付けて凶行に及んできました。窪に指摘されて初めて自分が殺人の過程にわくわくしていたことに気がつきました。

確かに延人の時から焦ることなく着々と隠ぺいを重ね、様々な状況を切り抜けてきたので、窪の言う事で正しいと思いました。

マイホームヒーロー【147話】考察予想

自分も許されない罪を犯したことを自覚した哲雄は、どうせ殺されてしまうという諦めの覚悟ではなく、自分もここで死ぬべきだが窪を連れて行くという最後の覚悟を決めました。

そこで取り出したのは哲雄曰くお酒。しかしこれは武器です。

何かを蒸留して入れ物に詰めていたようなので、入れ物の中には高濃度の何かが入っています。

窪を倒す一発逆転の武器となれば爆弾である可能性が高いですが、これだけでは倒せないと思うため一瞬の隙を作り出すための道具なのでしょう。

▷マイホームヒーロー【147話】へ

まとめ

この記事では、マイホームヒーロー【146話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングマガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら