ワンピース

ワンピース【1012話】最新話ネタバレ確定&感想|うず!ビッグ・マムの怒り?正気を失う!

こんにちは。ひらりです。

2021年5月10日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース【1012話】「うず」を読みました。

1011話では、新たなホーミーズ、ヘラを使いキッドとキラーをぶっ飛ばしたビッグ・マムはそのままキッドを探して城内を走り回ります。

しかし玉と再会、恩のあるおこぼれ町が破壊されたことを知り、カイドウの部下であるページワンを殴り飛ばすのでした。

それでは、この記事では、ワンピース【1012話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ワンピース【1012話】最新話ネタバレあらすじ

オロチの元を抜けた赤鞘の侍たちはとにかく走っていました。錦えもんは1人でモモの助を守りに行くと言います。

それほど、今は各所で人手が必要なはずなのです。

菊はカン十郎を討たせてくれと錦えもんに頼みますが、錦えもんは返事をしません。

シシリアンたちを見つけたことをきっかけに、菊だけが錦えもんに続き全員ばらけて行きます。

ネコマムシはシシリアンたちからペドロが既に死んでいることと、その仇がいることを聞かされ、仇を討つために飛び出して行きました。

モモの助は現在城内1階の天井裏でヤマト、しのぶと共に隠れていました。

ヤマトは“メアリーズ”を警戒するように伝えると、自分が囮となると言いました。

ヤマトはうずうずし始めています。

そして走り出すヤマトは、その前にモモの助にルフィの様子を聞きました。

先ほどと変わらないと言うモモの助が、声が2つになったと言うため、ヤマトはルフィとカイドウがタイマンとなったことに気づきます。

ヤマトが去った後、モモの助はヤマトから受け取ったおでんの航海日誌に目を通しました。

その頃サンジは城内2階にて包帯ぐるぐる巻きとなったゾロを担いで敵に見つかっていました。

今から数十分前、ゾロとゼウスを連れて移動したローは、空中に浮いている何かと入れ替わってしまい、たまたまサンジの上に現れたのです。

サンジは思わず2人をキャッチ。そしてローはゾロを嫌がるサンジに無理やり押し付けてビッグ・マムがいるらしき方向へ行ってしまったのです。

危険な状態のゾロはそのまま寝てしまいます。

サンジはその時河松、イゾウと合流。モモの助は大丈夫だと河松がサンジに伝えると、ゾロは目覚めライブフロアに助太刀するようにだけ伝えてまた眠りました。

同じフロア、ビッグ・マムがページワンを倒してしまったことでうるティは激怒しています。

ナミはビッグ・マムの怒りを利用してうるティも倒してしまおうと考えますが、さすがに麦わらの一味の言葉は聞いてもらえませんでした。

うるティにも狙われてしまうことから、ビッグ・マムとうるティが戦っている間にナミたちは狛ちよに乗って逃げることにします。

しかしうるティは狛ちよを攻撃し、動けなくなった狛ちよを蹴り始めました。

狛ちよを守ろうと飛び出した玉もうるティに殴られてしまいます。

玉に危害が及んだことで怒るナミは、この場でうるティを倒すと怒りの雷を落とします。

ワンピース【1012話】感想

怒りで正気を失っているのかな、とも感じたビッグ・マムがしっかりとナミには怒る部分が面白かったです。

また、なんだかんだ一緒にいることになるゾロとサンジも見どころです。

今回はゾロがサンジに守られていますが、とにかく態度が大きいです。

必要な時だけ目覚めてまた眠るゾロは、今体力を温存してまた戦い出すのでしょう。ゾロもサンジもルフィのことを信じている様子がよかったです。

ワノ国では、ナミが「ルフィは海賊王になる」と断言していたこともあり、一味の信頼の厚さがうかがえます。

ワンピース【1013話】考察予想

せっかくナミが戦おうとしたところで今回の話が終わったため、次回はその続きから描いてほしいですね。

ルフィを描く前にもう少しだけ城内の様子を続けて行きたいことから、ナミ、そしてネコマムシの戦いを見たいところです。

錦えもんと菊がモモの助のところに向かっていることから、カン十郎がモモの助を発見と同時に錦えもんたちも到着して戦いが始まるはずです。

今回はどこの戦いもとにかく人数がいると思うので、見ごたえたっぷりです。

▶次話!ワンピース【1013話】へ

まとめ

この記事では、ワンピース【1012話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。