ワンピース

ワンピース【1002話】最新話ネタバレ確定&感想|四皇VS新世代!カイドウの悲鳴!

こんにちは。ひらりです。

2021年2月1日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース【1002話】「四皇VS新世代」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

1001話では、ルフィ、ロー、キッド、それぞれの船長たちは大技でカイドウを仕留めに来ました。

カイドウも驚くほどのルーキーたちの攻撃ですが、負けてはいられません。

龍の姿になったカイドウはこの戦いで勝ったものがワンピースに大きく近づくのだと笑います。

ワンピース【1002話】最新話ネタバレあらすじ

カイドウは「壊風」という技を使います。文字通り、全てを破壊するようなかまいたちがルフィたちに向かってきました。

キッドは装備を破壊されてしまいますが、元々鬼ヶ島でかき集めた鉄くず。バラバラになってしまおうとまったく気にしません。

ゾロはかまいたちを刀で弾き、ルフィはコングライフルでカイドウ本体を直接叩きます。

再び装甲を固めているキッドもスラムギブソンでカイドウ本体に攻撃をしました。

悲鳴をあげるカイドウに、続いてはローが畳み掛けます。

龍の内臓の場所までは知らないローですが、勘で心臓の位置を狙いガンマナイフを繰り出しました。再びカイドウの悲鳴が響き渡ります。

カイドウは、カイドウの体の硬さを考慮して攻撃してくるルーキーたちをこざかしく思うも、感心していました。

キラーもカイドウの内部を狙ってカマアソニックで斬り込みを入れます。

またカイドウの悲鳴が響いたその時、上空からビッグ・マムがキラー目掛けてゼウスの雷を落としてきました。

直撃のキラーは落下し、カイドウの眼前へ。カイドウがキラーにトドメを刺そうとしたとき、ルフィがカイドウの横顔にツノシュナイダーを食らわせます。

反撃を狙うカイドウの前には、ローに移動を命令したゾロが飛んできました。

ボロブレスを焔裂きで真っ二つにし、ルフィを救います。

その後、ゾロは閻魔を振り上げました。閻魔の驚異に気づいたビッグ・マムがカイドウに叫んだため、カイドウは無事。

ゾロは鬼ヶ島のドクロの角を1本斬り落としただけでした。息を斬らし落下するゾロ。

おでんと同じ驚異を持つゾロもまたビッグ・マムから雷を受けてしまいました。

ビッグ・マムは高々と笑い声を上げると、無差別に落雷を放ちました。まさに天災。

しかし直撃してもゴムのルフィにだけは雷は通用しません。

根性からカイドウのボロブレスをも乗り越えるルフィはカイドウに渾身のコングガトリングをお見舞いします。再びカイドウは悲鳴を上げました。

ワンピース【1002話】感想

とにかくカイドウの悲鳴が多い回でした。赤鞘の侍がカイドウの元に突入し1撃目を決めた時もカイドウは悲鳴を上げていましたが、ダメージうんぬんよりも意外と衝撃に弱いのかな?と感じました。

鉄くずを沢山集めて来たおかげで、何度でも武器を作れるキッドの戦い方がとても好きです。

鉄くずはかなり細かくしても使えるため、破壊される度に精巧な武器を作れるのではないでしょうか?

能力者である船長たちに混ざり、ちゃんと存在感を見せつけてくるゾロとキラーの活躍も盛り上がりました。

ワンピース【1003話】考察予想

今回1度も攻撃されていないビッグ・マムはカイドウをフォローすべく上空から雷を落としているものの、まさに高みの見物状態。

あわよくばこのままカイドウとルーキーたちが共倒れしてくれるのを望んでいるのでは!?と感じる場面もありましたが、

閻魔の脅威を知らせたところからまだ裏切りを考えてはいないのだと思います。

雷が降り注ぐこの場所で、やはり戦いの中心となるのはルフィで間違いないでしょう。ジキジキの実の能力者キッドも、電気を上手く利用出来そうです。

ワンピース【1003話】へ

まとめ

この記事では、ワンピース【1002話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。