ワンピース

ワンピース1014話ネタバレ確定&感想|偽おでん登場!語る過去とは!

こんにちは。ひらりです。

2021年5月31日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース【1014話】『人生の大根役者』を読みました。

1013話では、ナミとビッグ・マムにより飛び六胞の1人うるティが戦闘不能になりました。

ビッグ・マムと戦う訳にはいかないナミとウソップが逃げようとしたところ、ビッグ・マムは玉を連れていこうとします。

しかし玉が嫌がるとビッグ・マムは激怒。絶体絶命の状態でナミたちの前に現れたのは、ユースタス・キャプテン・キッドです。

それではこの記事では、ワンピース1014の考察予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ワンピース1014話ネタバレ考察「キッド登場!打倒ビッグ・マム!」

ナミたちの前にキッドが現れ、自らビッグ・マムを引き受けると言ってくれたのでナミたちはお言葉に甘えて逃走します。

キッドはビッグ・マムに外から城内に飛ばされた際に折角集めた鉄屑を失っていますが、今ビッグ・マムを見つけるまでにまた集めてきたはずです。

屋上でカイドウ、ビッグ・マムと戦っていたキッドですが、ゾロとは違いダメージはそこまで負っておらず、万全の状態で戦えると言っても過言ではないでしょう。

キラーもいれば最高ですが、キッドも極悪非道で名を上げた海賊であるため、ビッグ・マムとの白熱した戦いを見せてくれるでしょう。

ワンピース1014話ネタバレ考察「キラーは合流できるのか!?」

キッドとビッグ・マムが戦闘を始めたところで気になるのは、キラーがこの戦闘に合流できるのかどうかです。

キラーは現在1人でバジル・ホーキンスと戦闘中。

ホーキンスの占いではキラーが負けると出ていますが、キラーはそんなことを信じていません。

そもそもホーキンスの占いの精度が不明のため、本当にキラーが勝つ可能性が高いと思われます。

ホーキンスはドレークがローを解放した際にローに斬り刻まれているため手負いのはず。このダメージが戦いに影響すること間違いなしです。

キラーはあっという間にホーキンスに勝利し、キッドに合流するのかも知れませんね。

ワンピース1014話ネタバレ考察「ルフィに何があった!?」

1013話では誰もが気になったであろうラストシーン。

ルフィがカイドウにやられてしまっています。

ルフィが生きているから皆がルフィの勝利を信じてしまうと言ったカイドウにはいつもの余裕がなく、息を切らしていたことも気になります。

2人の戦いに一体何が起きていたのでしょう。ルフィは覇王色を纏う戦い方を見つけ出したことで勝利を確信していたはず。

カイドウがそんなルフィに苦戦したことは言うまでもないでしょう。

それでもカイドウはルフィを倒しています。

結局ルフィの首を切っていないためルフィはまた戻ってきますが、1人で戦えるほどの体力は残っているのでしょうか。

ワンピース1014話ネタバレ確定『人生の大根役者』

ルフィは鬼ヶ島から落下中。

カイドウは折角覇王色を纏うことが出来たルフィも、扱いが下手であったため負けたと笑います。

そして意味深な言葉、ルフィもジョイボーイになることが出来なかったと言い残しました。

ルフィはそのタイミングで海の中へと沈みます。

バオファンからカイドウにモモの助発見の報告が入りました。カイドウは返事をすると島中に結果を伝えるように指示を出しました。

偽モモの助を持った大和が囮として暴れている中、1階の天井裏に隠れているモモの助は父の航海日誌を見て、自分は死んではいけないと口に出します。

その時、モモの助の頭にまた声が聞こえ始め、モモの助は苦しみ悶えます。

ライブフロアでは巨大化したチョッパーが今もクイーンを止めようとしていますが、何をしてもクイーンは倒れません。

シーザーの協力により巨大化の時間を30分に延ばすことが出来ていましたがそれも残り3分。

ペロスペローの邪魔もあり戦いは困難を極めます。

その時バオファンによる報告が響き始めました。

勿論1番大きな報告はルフィがカイドウに敗れて海に落ちたと言う事です。

赤鞘の侍たちも負け、カイドウはこれから掃除を始めるようです。

今降伏する者は部下として迎えてもらえるようですが、ルフィの仲間たちはこの全てに反抗します。

錦えもん、菊がモモの助の元に到着しています。錦えもんは苦しむモモの助を膝の上に乗せ、モモの助は必死に何かを伝えようとしています。

そこにおでんが現れました。

驚きと共に思わず涙を浮かべているモモの助としのぶ。

錦えもんと菊はすぐに偽物だと伝えると、モモの助としのぶを守ろうとしました。

おでんの姿をしているだけでなくアシュラ童子を倒したカン十郎を菊は許せません。

刀を思い切り振り上げおでんに向かっていく菊。しかが、菊に隙を作らせてしまいます。

おでんは菊の腹を刀で貫きました。しかし元より菊にはおでんを切ることなど出来ないのでした。

おでんはカン十郎の姿に戻ります。夜明けは近い、と言い残す菊を置き、錦えもんは後ろから来るカン十郎を一太刀で仕留めます。

カン十郎は幕引きを錦えもんにしてもらえてよかったと言って倒れます。

その時、この場にカイドウ登場。金棒で錦えもんを叩き潰してしまいます。

同時に鬼ヶ島はワノ国本土上空へ到着しました。

ワンピース1014話感想

まだ不明ですが、菊の様子からアシュラ童子は死んだと考えていいのでしょうか?そしてこのまま菊も死亡の線が濃厚。更に錦えもんも・・・。

いくらこの島には今チョッパーやゾウの医者、そしてローがいると言っても命を失った者は蘇りません。

はっきりとしないため生きていることを信じたいですが、これまでに立った沢山の墓の1つになってしまうような気がしています。

ルフィも海に落ちてしまいもうどうなることやら。また悪い想像ばかりが膨らむ展開となってきました。

ワンピース1015話考察予想

またモモの助の前に現れたカイドウ。モモの助を殺そうとするのはここで3回目です。

1回目は自ら殺す価値もない、と焼け死ぬのを待ちましたが死んでいません。

2回目は鬼ヶ島へ連れてこられた後、光月を終わらせるために殺されそうになりましたが、しのぶたちによって助けられました。

そして今回、カイドウにとってはモモの助など本当にどうでもいい存在のはずですが、

モモの助がおでんやロジャーと同じく何かの声を聞くことが出来ると知った時、利用するか早めに殺すかで悩むでしょう。

▷ワンピース1015話へ

まとめ

この記事では、ワンピース【1014話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。