ワンピース

ワンピース1032話ネタバレ最新確定と感想は?ゾロがキングの攻撃に大打撃!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月22日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース1032話「おでんの愛刀」を読みました。

前話の1031話では、サンジとゾロがいなくなったライブフロアで入れ替わるようにキッド、ローVSビッグ・マムの戦いが始まりました。

サンジはと言うと自分の身に起きた異変について確かめるためクイーンから逃げている途中で女性を傷つけてしまった可能性が浮上。

自分はそんなことをしないと信じたいサンジでしたが・・・。

それでは、この記事では、ワンピース1032話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ワンピース1032話ネタバレ最新確定「おでんの愛刀」

地下の武器庫に向かうヤマトにフーガ、アプー、ドレークが続きます。

何も知らないカイドウの部下たちは、突然ナンバーズが現れたことに困惑。踏み潰されないように逃げ回ります。

その時、上からブルックとロビンがフーガの頭に落ちてきました。CP0に追われています。

CP0の2人がロビンを追って城内2階から降りて来ようとした時、2人は背後から突然現れた火前坊に燃やされてしまいます。

火前坊の存在と地下に向かっていることを知ったヤマトは、このままでは大変なことになるとフーガに助けを求めました。フーガは大喜びです。

一旦は燃えたCP0ですが、またすぐに追って来ることは間違いないためブルックとロビンが逃げようとした時、アプーがCP0の撮影を始めました。

カイドウと政府が繋がっている、大スクープは金になるかもしれないからです。

しかしそんなことは許されません。アプーはCP0の攻撃を受けてしまいました。一撃で倒れてしまったアプー。

後ろを走っていたドレークが驚くと、CP0はドレークにも攻撃を仕掛けてきます。しかしアプーは立ち上がり攻撃を止めました。

突然喧嘩を売って来たCP0を許せないアプーは、この場でドレークと共にCP0を相手にします。

ドクロドーム外ではプテラノドンとなったキングの攻撃にゾロが苦しめられていました。

反撃するも、頑丈なキングには効かず自分だけが防御もままならずダメージを受けて行きます。

キングには勝てないかも知れないと思うほどでした。

そんな時、かすかに三味線の音が聞こえたような気がします。そして閻魔がゾロの流桜を勝手に放出させていきます。

三味線の音は確かになっていました。その正体は・・・。

ワンピース1032話感想

アプーがCP0の存在を知らなかったということは、CP0はカイドウではなくオロチだけと繋がっていたと考えることが出来ます。

よくカイドウにバレずに潜伏出来たものだと思いましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

まさかアプーとドレークがこの2人と戦うことになるとは思っていませんでした。しかしこのおかげでブルックとロビンは逃げることが出来ました。

強さを考えるとCP0相手に敵うわけないと思いますが、それでもドレークたちが勝ってくれることを願います。

ワンピース1033話考察予想

おでんの愛刀が反応を示した三味線の音。刀におでんの意思が眠っているような気がします。

突然閻魔が暴走したことに困惑するゾロの手はしわしわになってしまいましたが、落ち着けばちゃんと元に戻すことが出来ます。

焦ったゾロですが、この出来事がキングに勝つために必要なことを気づかせてくれるでしょう。

正体をひた隠しにしているキングはゾロとの戦いの中で少しだけ自分のことを話し始めているため、

もしゾロとの戦いで本気を出せるようになれば真相を勝手に話してくれるかもしれません。

▷ワンピース1033話へ

まとめ

この記事では、ワンピース1032話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。