週刊ヤングジャンプ

推しの子63話ネタバレ最新確定と感想は?圧倒的な存在感ある演技の有馬かな

こんにちは。ひらりです。

2021年11月18日発売のヤングジャンプに、推しの子第63話「天才役者」を読みました。

前話の62話では、姫川大輝からも「黒川あかねの誘いに乗って全力演技してみれば」と言われてしまった有馬かな。

彼女としては作品全体のバランスを考えて引き立て役に徹するつもりだったのですが、アクアがその代役を買って出てくれると分かり遂に……!?

それでは、この記事では、推しの子第63話のネタバレ確定と感想についてまとめました。ぜひ最後までお付き合いくださると嬉しいです。

推しの子第63話ネタバレ最新確定「天才役者」

自分の母親について思い返す有馬かな。

彼女の母はかつて芸能人になるのを夢見ていたらしく、しかしそれが叶わなかったので娘のかなに夢を託したそうです。

かなが天才子役として活躍中は、その母親として現場について回り、業界人とお喋りできてとても幸せそうだった母。

しかし、かなの人気に陰りが出てくると母は荒れるようになり、かなや夫との関係も悪化。

そんな母に、かなも子供ながらに「私が業界で生き残っていかなければ」と感じて、五反田監督の「もっと周りと上手くやらないと干される」というアドバイスを胸に路線変更。

大人に気に入られやすい、使い勝手のいい役者になろうとし始めたのです。

そうして現在、黒川あかね達のような才能ある役者たちの演技をより引き立たせる裏方に回っている有馬かな。

そうしている方が起用してくれる大人達も喜び、業界で生き残っている内は母にも喜んでもらえます。

もう自分は主役にならなくてもいい……と、そんな事を思って演技していたのですが、そんな彼女にアクアも演技で語り掛けます。

もっと自分のやりたい演技をしてもいいし、今回彼女が演じている「つるぎ」というキャラクターはそもそも天真爛漫な性格。

だから有馬かなはもっと自由に演技をして、彼女が今までやっていたサポートは俺が引き受ければいいのだと、そう訴えてくるアクア。

そんなアクアの後押しを受けて、かなもとうとう観念すると、今まで抑えていた本気の芝居を始めます。

会場中の目を引き付ける有馬かなのキラキラした演技に、一般の観客だけでなく五反田監督や鏑木プロデューサーも呆然と見入るしかありません。

これまで彼女を「便利な子」と評価していた鏑木は、本来の有馬かなはこうした圧倒的な存在感ある演技で一世を風靡した役者だったと思い出します。

そして、有馬かなの復活を一番強く望んでいた黒川あかねも大興奮で……!?

推しの子第63話感想

有馬かながようやく自分から前に出る決心をしてくれましたね。

彼女の母親については今回初めて詳しく語られたと思いますが、かなにとってかなり辛い時代があったようです。

でも子役タレントってやっぱり親御さんにその気が無ければ務まらないし、そもそも始まりもしないもののような気がしますからね。

こういうエピソードも子役あるあるなのかもしれません。

最後にあかねが大興奮してしまうのは予想がついていましたが、五反田監督や鏑木Pといった制作側の人間も驚いて評価を改めるというのは予想外でした。

これをきっかけに、かなはアイドルではなく役者として再ブレイクする展開もありそうですね。

推しの子第64話考察予想

かなの大ファンであるあかねが冷静に演技を続けられるのかどうかがまず一番に気になります。

あかねもプロなので舞台上ではしっかり役を全うしてくれると思いますが、対抗してまた超絶演技を披露し始めると、全体のまとめ役を買って出たアクアが苦労しそうですね。

そこへ更に主演の姫川まで乗っかってきそうですし、最後はアクア自身も感情演技で観客の心を沸かせなければいけません。

大盛り上がりしてきたこの舞台を、アクアがいったいどのように上手くまとめていくのが楽しみです。

まとめ

この記事では、推しの子第63話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

▶「ヤングジャンプ」を1冊お得に読めちゃうのはこちら