週刊ヤングジャンプ

推しの子62話ネタバレ最新確定と感想は?有馬かなの全力演技?!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月11日発売のヤングジャンプに、推しの子第62話「アドリブ」を読みました。

61話では、黒川あかねの存在感ある演技に一瞬だけ引っ張られそうになった有馬かな。

ですが作品全体のバランスを考えた彼女は逆に自分の存在感を消して、あかねの引き立て役に徹してしまいます。

かなの本気の演技を引きずり出すのに失敗して落ち込むあかねに、アクアはそういう事なら自分も協力すると言い出して……?

それでは、この記事では、推しの子62話のネタバレ確定と感想・考察予想についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

推しの子62話ネタバレ最新確定「アドリブ」

舞台袖に下がった有馬かなは、先ほどの黒川あかねの演技には乗っておくべきだったのでは、と主演の姫川大輝から言われてしまいます。

しかし、かなはここでもやはり「全体のバランスが云々」と説明。

あかねだけでなく、この姫川もまた存在感に溢れるタイプなので、そこに自分も含めて3人が全力で好き放題し始めたら誰もまとめられなくなるという考えです。

そんな姫川は、かなの話を適当に聞き流しながら「アドリブを入れる」という突然の提案をしてきました。

役者同士ならば相手の動きを見れば合わせられる、というのが自論の姫川。

彼は次の出番でアクアと斬り合いながら、横にいたかなをアクアの方へと思い切り突き飛ばします。

そこから先の展開は全てアクアとかなにお任せです。

かなは、自分が上手く話を繋げるからアクアはそれに合わせてほしいと小声で伝えようとしますが、先に動いたのはアクアの方でした。

アクアは突然自分の方にすっ飛んできたかなにアドリブ台詞で返し、しばらく台本に無い会話を続けた後で、そこから自然な流れで本来の台本にきちんと合流。

さらに照明や立ち位置などもしっかり考えていて、観客の意識がかなに集まるようにさりげなく誘導してくれていました。

そんなアクアの器用さに驚きながら、逆にアクアの演技に合わせて動くかな。

アクアは感情演技が苦手なので、あかねや姫川のような迫力ある演技は得意ではありませんが、一方でかながやっていたような受けの演技は上手かったのです。

それを実感したかなは、アクアが自分に代わって舞台の調整役をやってくれるのならば……と意識を変えていき!?

推しの子62話感想

言われてみればアクアもこうしたバランス調整が得意なタイプでしたよね。

子役時代の映画出演や、最近のリアリティショーなどでも作品の事を考えて演技していましたし、撮影以外の場面でもトラブル解決のため色々と器用に立ち回ってばかりの人でした。

そんなアクアが舞台の調整役としてやる気を見せ始めた事で、これまで裏方に回っていたかなもようやく自由な演技ができるようになったのかもしれません。

しかし、かなの本気演技ってどれくらいのレベルになっているのかよく分かりませんからね。

あかねと姫川もさらに本気を出してくるでしょうし、アクアは相当苦労する事になるかもしれません。

推しの子63話考察予想

ここまで皆からお膳立てしてもらったので、次回で遂に有馬かなの全力演技が見られるのだと思います。

その演技に対抗する形で、あかねや姫川の演技もまた更に迫力あるものに変わっていくのではないでしょうか。

彼女らのサポートに回るアクアは大変でしょうが、そこで感情を抑えて裏方を頑張れば頑張るほど、最後に待っている彼の見せ場も盛り上がるのかも?

アクアもたしか最後に感情演技をするシーンが待っている筈ですから、そこに向けて彼もまた皆の演技から何かを学んだり感じ取ったりするかもしれません。

▷推しの子63話へ

まとめ

この記事では、推しの子62話のネタバレ確定と感想・考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年サンデー」を1冊無料で読めちゃうのはこちら