週刊ヤングジャンプ

推しの子【9話】ネタバレ最新話あらすじ感想|星野アイ後編

こんにちは。2020年6月25日発売のヤングジャンプより、推しの子【9話】「星野アイ後編」を読みました。

8話では、20歳の誕生日を目前に、過去の事を振り返るアイ。彼女は人から愛されることを知らず、愛を知らずに育ってきました。

双子の子どもにも、未だに愛していると言ったことがないアイは、愛するという感情が分からないのです。そんなアイが誕生日を迎えた日・・・自宅に、包丁を持った男が現れました!!?

それでは、この記事では、推しの子【9話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

推しの子【9話】最新話ネタバレあらすじ

玄関を開けると、そこにはフードを被った男。

男は持っていた包丁をアイの腹に刺しました。

血を流すアイを見て笑い始めるその男は、自分はもっと苦しく痛かったと話します。

アイドルのくせに、子どもを作ったアイに対し、元ファンだった男は怒りをぶつけます。

ファンを見下していた・・・嘘つき野郎・・・。

男の言葉を聞いて、そこまで性格は悪くないと思うアイ。

ただ、全てが間違っているわけではありません。

〝愛する〟という気持ちが分からないアイは、嘘をつき続けてきました。

嘘の笑顔を振りまき、愛してるという歌詞を歌う・・・。

そんなアイは、男に本音を話します。

自分には愛が分からない・・・。

自分にとって、愛は嘘・・・。

だからこそアイは、自分なりのやり方で愛を伝えてきたつもりだったのです。

動揺する男を見て、リョースケと呼ぶアイ。

彼女は頻繁に握手会に来ていたリョースケのことを、覚えていたのです!!

リョースケがお土産にくれた星の砂を、今も持っていると話すアイ。

ショックを受けたリョースケは、その場から走り去ってしまいました。

血を流しているアイの元に戻ってきたのはアクア。

転生する前は医者であったアクアは、救急車を呼んで止血をしようとします。

そんなアクアを抱き寄せ、自分の死を悟るアイ。

ドアの向こうにいたルビーも駆けつけ、ドア越しに何かがあったことを察知します。

ルビーに語り掛けるアイは、いつかルビーがアイドルになって親子共演したかったと話しました。

アクアは役者になって成長していく・・・。

2人の成長を、ずっと見ていたかったと話すアイは・・・あることを伝えなければと口を開きます。

2人のことを・・・愛してる・・・。

アイの中の愛が嘘でなくなった瞬間・・・アイは息を引き取りました・・・。

➡「ヤングジャンプ」を『試し読み』からチェックする

推しの子【9話】感想

第9話はアイの死で幕を閉じました。前回の8話で、事務所の社長がアイを失ったと発言しています。

そこから、アイが死ぬのは予測できましたが、気になるのはこの後ですね。人から愛されるという経験をすることなく育ったアイ。

自分の子どもであるアクアとルビーに対し、初めて愛を感じます。

これまでも感じていたとは思いますが、初めての事で信じきれなかったのでしょうか。次回から新展開!

成長したアクアとルビーの姿が見られそうです。

推しの子【10話】考察予想

次回から、アイの死後の話となります。いきなり2人は成長し、高校生ぐらいになるかもしれませんね!

アイの残した言葉通り、2人は芸能界に入りそうです。ルビーはアイドルになり、アクアは役者になるのでしょうか!?

気になる謎はまだ多くあり、まずは2人の父親が誰なのか・・・?

さらに、転生前のアクアを殺したのは誰なのか?死体がまだ発見されず、ニュースにもなっていないことも気になります。

アイは死ぬ直前、父親と連絡を取っていました。その相手に、何かの秘密が隠されているのかもしれません!!

まとめ

2020年6月25日発売のヤングジャンプより、推しの子【9話】「星野アイ後編」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「推しの子」を『試し読み』からチェックする