来世は他人がいい

来世は他人がいい24話前編ネタバレ感想|楽しい殴り合い!?

こんにちは。ひらりです。

2021年5月25日発売のアフタヌーンより、来世は他人がいい【24話(前編)】「楽しい殴り合い」を読みました。

23話では、

大阪で勝手な行動をしていたことが蓮二にばれていました。

別々に詳細を聞かれた翔真と霧島ですが、2人とも詳しいことは言わずただ蓮二にボコボコにされました。

霧島は蓮二から吉乃を頼む、と言われて外に出た後翔真の元に向かいました。

それでは、この記事では、来世は他人がいい【24話(前編)】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

来世は他人がいい24話(前編)ネタバレあらすじ

霧島がタバコを要求してきましたが、翔真は無視して帰ろうとします。

しかし霧島の横を通り過ぎようとした時、翔真のタバコとライターが霧島にスられてしまいます。

ライターは吉乃からのプレゼントでした。

翔真が返せと言うのを無視して霧島がタバコを吸い始めたため、翔真は霧島の手首を掴みライターを取り返します。

そしてすぐにまた振り返り、去って行こうとしました。

翔真の背中に向かい、霧島は吉乃と付き合い始めたと言います。

翔真は少しキレた様子になりましたが、霧島が嘘を吐いていると感じています。

しかし霧島は本当の話だと言うと、これまで翔真の役目だったものは完全に自分のものになったと続けます。

役目とは何のことだと翔真が聞くと、霧島は吉乃の側にずっと誰かがいることだと答えました。

霧島はそれが蓮二によってやらされていることだと話しますが、翔真は呆れます。

翔真は無理やりやらされていたとは感じていません。

これまで吉乃の側にいた自分や布袋はしたいからしていた、ただそれだけなのです。

その後も霧島は翔真を煽り続けます。

無視しようとする翔真でしたが、煽りはどんどんエスカレートしていき、吉乃に選ばれた自分は翔真に勝ったと霧島が言った時、翔真は走り出して霧島に殴りかかりました。

勝ち負けを考える方がおかしい、という翔真と、それは所詮負け犬の論理だと言う霧島が向かい合います。

その頃、2人と連絡がつかないことを気になっていた吉乃は、2人が一緒にいると予想しました。

吉乃がレンタルしたGPSは翔真が返却に行く予定であるためまだ待っているはず。

吉乃はGPSの場所を調べ、翔真が近くの公園にいることを突き止めました。

なんだか嫌な予感がする吉乃は防犯グッズを持ってカチコミに行きます。

来世は他人がいい24話(前編)感想

大好評発売中の5巻の続きとなる話です。

前回ラストで対峙した霧島と翔真ですが、霧島がやはり喧嘩を売りました。

最初の部分では翔真の行動は大人だ、と霧島が子供っぽく感じられましたが煽るのがうますぎて翔真も我慢ならず・・・。遂に殴ってしまいましたね。

しかし吉乃と付き合ったと聞いた段階で手を出さなかったのは本当にナイスです。翔真のことが好きなので、キレた顔が見られることも勿論嬉しいのですが、霧島に踊らされることだけは避けて欲しいです。

来世は他人がいい24話(中編)考察予想

吉乃がバットを持ってカチコミです。

場所は分かっているためすぐに着くはずですが、どうしてヘルメットをかぶらせてまで椿を連れて行くのかは不明です。

公園に着いた時、霧島と翔真の戦いはどうなっているのでしょう。霧島は翔真から手を出す時を待っていました。そして翔真が殴って来た以上反撃と言って殴りかかります。

霧島は翔真を殺そうとしているのでしょうか。いくら彼女になったとはいえ、翔真は吉乃の家族。危害を加えたら吉乃が許しません。

▷来世は他人がいい【24話中編】へ

まとめ

この記事では、来世は他人がいい【24話(前編)】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶アフタヌーンを無料で1冊読めちゃうのはこちら