サカモトデイズ

サカモトデイズ47話ネタバレ最新確定と感想は?坂本は宮バァのせいで?

こんにちは。ひらりです。

2021年11月15日発売の週刊少年ジャンプより、サカモトデイズ47話「上へ参ります」を読みました。

46話では、

南雲が坂本商店に来たミニマリストを難なく殺してしまいました。

一方アパートと東京タワーで交戦中の坂本と平助は簡単にはアパートを倒せず苦戦中。それどころか、激しい動きをしても坂本はなぜか痩せることが出来ず・・・。

それでは、この記事では、サカモトデイズ47話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

サカモトデイズ47話ネタバレ最新あらすじ

何故か痩せることが出来ない坂本。思い当たるふしはここに来る前に寄った整体院の宮バァだけです。

太った状態でも強い坂本は、とにかくそのままの体でアパートと戦います。そして近くにあった東京タワーの模型をアパートに向かって投げつけました。

すると何故かアパートはキレ始めます。坂本がディスプレイをめちゃめちゃにしたことが許せないのです。

すぐにアパートがディスプレイを片づけ始めたため、坂本はその隙に痩せようと試みます。

高速で体を動かした汗をかきます。それでも坂本は痩せることが出来ません。

そうしている間にアパートは片づけを終えて坂本にワイヤーを巻き付けてきました。皮膚が切れてしまった坂本は、素手では戦えないと思いポケットを漁るも武器になりそうな物はありません。

しかし坂本は体の軽さを感じていました。

その頃、宮バァはシンたちに坂本のことを話していました。全盛期の30%の力しか出せていないという坂本。

宮バァはブランクのある者はどうしても全盛期の戦い方を真似てしまうと話します。それがどうして悪いのか分かりませんが、宮バァは今の自分のベストで戦える者が強いと言いました。

つまり坂本は太った体を使いこなせていないから痩せていたのです。

そんな坂本に自分の体を自覚させるためのツボを宮バァは押しておきました。坂本もようやくそのことに気がつきます。

そこから坂本の激しい反撃が開始。

それでもまだアパートは倒れません。それどころか、戦いを楽しみ始めてしまいました。

サカモトデイズ47話感想

坂本が太った状態での戦い方を攻略したということは、もう痩せた姿を見られないということでしょうか。

もしそうであればとてもショックです。坂本は痩せた方がかっこいいのでどうにかまた痩せた姿を見せて欲しいと思います。

一方本気になったアパートはこれまで見えていなかった目がラストで見えました。これまで隠されていた分、見えた瞬間はすごくかっこよく見えます。

坂本と戦っているということはアパートがこの場で殺されることはありませんが、それでも死刑囚であるため最後は殺されてしまうのが残念です。

サカモトデイズ【48話】考察予想

太った坂本とアパートの激戦が過熱していきます。

太ったままでも強くなった坂本は、おそらく痩せた時と同じほどの強さを出せるようになっているはずです。それでもまだ倒せないアパートは本当に強敵です。

アパートは話を聞いてくれるかと最後に言ったため、次回は話しながら坂本と戦うでしょう。まだまだ余裕そうです。

話の内容はどうして自分がここまで乱れたものを受け付けなくなったかですが、もしかすると×を裏切って来たことや×が接触して来たことについても勝手に話してくれるかもしれません。

▷サカモトデイズ48話へ

まとめ

この記事では、サカモトデイズ【47話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷クリック)サカモトデイズを1冊無料で読むならU-NEXT