週刊少年マガジン

それでも歩は寄せてくる【84話】最新話ネタバレ感想|桜子の気持ち!四つ葉のクローバー探し

こんにちは。ひらりです。2020年11月25日発売の週刊少年マガジンより、それでも歩は寄せてくる【84局】を読みました。

83話では、部活が終わりセンパイと歩を福引きに誘う凛。 カップルは福引き1回が無料と聞いて、凛はセンパイと歩が付き合っていますと公言。

おかげで8等賞の商品をゲットすることが出来ました。 迷惑ではなかったかと質問する歩に対して、その本音を聞く勇気がセンパイにはありませんでした。 

それでは、この記事では、それでも歩は寄せてくる【84局】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「それでも歩は寄せてくる」を1冊無料で読む

それでも歩は寄せてくる【84話】最新話ネタバレあらすじ

天然クールの桜子は、授業中に“これ”とメモを渡されます。

自動販売機の前でタケルと2人きりの桜子。

授業中に好き合ってくださいと告白されたことをタケルに相談します。

思わずジュースを吹き出すタケルは、冷静に振舞おうとしますが返事はしたのかと桜子に質問。

しかし“まだ”だと桜子は答えます。

何てこったと思いつつ、桜子が気まぐれで付き合うと言い出したらと戸惑うタケル。

しかし、その一方で好きな人の幸せを願うのが男というものだろうと迷います。

桜子は“好き”というものが良く分からないため、どんな感じが好きなのかタケルに質問をします。

知らないとトボますが、5円玉を取り出して催眠術で聞き出そうとまでする桜子を制すると、タケルはため息をつきながら答えます。

好きとうのは多分一緒にいると楽しくなったり、その相手のために何かしてあげたくなったり、喜ぶ顔が見たかったり、気付いたらその人のことばかり考えたりするもの。

そして、その相手に対してドキドキするかではないかと、顔を赤くしながら話します。

それを聞いて、クローバー畑でタケルに押し倒されたことを思い出す桜子。

その時の分からない気持ちの正体が何だか判明したようです。

“そうだったんだ…”

もう恥ずかしいから教室に戻ろうと誘うタケル。

桜子は歩きながら告白の返事を断るつもりになりました。

好きという感情を教えてくれて有難うとタケルにお礼を言う桜子。

その様子を横目で見るタケルは、顔の赤い桜子が熱でもあるのかと心配するのでした。

それでも歩は寄せてくる【84話】感想

今回は主役不在でタケルと桜子だけの話となりました。

ストーリー的には四つ葉のクローバー探しをした82局の続きで、その時に桜子の中で沸き上がった感情の伏線回収です。

まさかの第三者からの告白という意外な展開を通じて、今更の感じはしますが、タケルのことが好きだと理解した桜子でした。

ということは、今まで桜子はタケルを異性としては見ていなかったということ?それまで桜子の一挙手一投足にドキドキしていたタケルが不憫でなりません。 

それでも歩は寄せてくる【85話】考察予想

天然の桜子と純朴のタケル。

今回の話を通じてようやく2人の恋も動き出したようです。

タケルは歩より融通がききそうなので、意外とこの2人の正式なお付き合いは速く進みそうな気がします。

今までの話の積み重ねもあり、センパイも歩にかなり照れる描写が増えてきているため、最後は将棋の勝敗にこだわらずセンパイからの逆告白というパターンも面白のですが。

仮にセンパイに別のモブキャラが告白してきた場合、歩がどのような反応をするのかも見てみたいです。

それでも歩は寄せてくる【85局】へ

まとめ 

この記事では、それでも歩は寄せてくる【84局】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「それでも歩は寄せてくる」を1冊無料で読む