東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ最新確定と感想は?三天戦争開始?

こんにちは。ひらりです。

2021年10月11日発売の週刊少年ジャンプに、東京卍リベンジャーズ225話「Free-for-all」が掲載されました。

224話では、救急車の中でドラケンが死亡、そのことを知った明司は今すぐ六波羅単代を潰すと怒りを露わにしました。

今は駄目だと止める千咒でしたが、六波羅単代の方が千咒たちの方に現れ今にも戦争が起こりそうな状態。更にそこにマイキーまで現れ・・・。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ最新確定についてまとめました。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する

東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ最新「一触即発で三天戦争開始?」

ドラケンが殺されて怒りを抑えられない梵のメンバーたち。

そして下っ端の勝手な行動にキレていた割には最終戦争をするかとやって来たサウスたち六波羅単代。

更にマイキーまでやって来て東京の三大勢力が遊園地に集結してしまいました。

千咒は1週間後に衝突することを決めていましたがあまりに突然その日がやって来たと言えます。

梵と六波羅単代はもうここで戦う気が満々なのが見ていて分かりますが、1人で現れたマイキーが何を思っているのかはまだ分かりません。

マイキーが1人であることを考えると、三つ巴の戦いは起こらないのではないかと予想します。

東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ最新「やっとマイキーに会えたけど」

この時代にやって来てまだ数日の武道。

過去に来てからは現在の東京の不良の状況を知り、マイキーを倒すことを決め、そしてドラケンのいる梵に入りました。

梵に入った理由は関東卍會を倒そうとする梵にいれば手っ取り早くマイキーに会うことが出来ると思ったからです。

早速マイキーと会うことが出来てとりあえず武道の最初の目的は達成されました。

しかし今の状況で「マイキーを助けなければ!」といきなり気持ちを切り替えられるわけもなく、武道は何も出来ずにこの場に立ち尽くしていることしか出来ないのだと思います。

東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ最新「マイキーが来た理由」

マイキーが雨が降る様子を見て嫌な予感がすると言っていたのは丁度ドラケンが撃たれた時くらいです。

武道が狙われている情報までは分かるとして、どうしてドラケンが殺されたことを明司が知っていたのかは不明ですが、

どこかのチームに他のチームと繋がっている内通者がいるのではないかと予想しています。

12年前のマイキーであればそんな汚い手は使いたくないと思っていそうですが、今のマイキーは既に12年前とは違います。

そのため、裏で繋がっている誰かからいち早くドラケンが撃たれたことを聞き駆け付けたのではないでしょうか。

東京卍リベンジャーズ225話ネタバレ最新確定「Free-for-all」

遊園地に現れたマイキーの後ろには、関東卍會も控えていました。

3チームがこの場に揃ってしまったのです。

武道は呆然としながらマイキーに対し、今マイキーは戦ってはいけないと言うも、明司、サウス、三途の掛け声で各チームが動き出してしまいました。

とてつもない人数の殴り合いが始まります。

明司はドラケンを見捨てた関東卍會にも怒りを抱いています。

千咒は怒りに身を任せてはいけないと梵全体に叫びますが、誰にも聞こえていません。

マイキーはそんな中、横にいる九井に対ししばらく様子を見ると伝えます。九井は何も思わないのかと聞きますが、マイキーは質問の意味を分かっていません。

乱戦に入っていない六波羅単代幹部たち。

サウスは珍しく明司が熱くなっていることを確認すると、元天竺組に関東卍會を任せ先に梵を潰すべく明司の元に向かいます。

サウスが笑っていることで明司の怒りは更に増大します。

千咒は明司に必死に呼びかけ前に出ようとしました。すると、梵大幹部である今牛若狭が千咒を止めました。

ドラケンの死という大きな出来事により、この戦争ではまた死人が出てしまうという今牛は千咒は参加してはいけないと言うと武道に千咒のことを任せ、

ベンケイこと荒師慶三と共に乱戦の中に入っていきます。

その頃明司はドラケンを殺したことの理由を問いながらサウスに向かって走っていました。

しかし六波羅単代のメンバー2人に押さえつけられます。

身動きが取れなくなった明司に、サウスが殴りかかってきた時明司の拳を荒師が受け止めました。

同時に荒師の後方から今牛が飛んで出て来てサウスの後頭部に蹴りを入れました。

明司を助けだし、初代黒龍がサウスと対峙します。

東京卍リベンジャーズ225話感想

初登場の時もクールな感じがかっこよかった今牛は、今回の話でもしっかりかっこよかったです。

高い位置からの蹴りは千咒の戦い方と似ているため、もしかしたら千咒に戦い方を教えたのは今牛なのかも知れません。

まだ梵に入って間もない武道に千咒のことを任せた今牛に対し、少し思うところがあるようだった荒師。

しかし今の状況では何も言わなかったので一応武道のことを認めているのでしょうか。三天の中で一番大人なチーム名だけあってまだ分からないことが多いです。

▷東京卍リベンジャーズ226話へ

まとめ

この記事では、のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

確定は発売後に追記します。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちらをクリック

今話題のアニメ▶こちらをクリック

▼・:*+.\今すぐチェック/.:*+▼