東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新確定と感想は?明司の過去・唯一の幼馴染!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月10日発売の週刊少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ230話「Get stuck-up」を読みました。

229話では、ワカとベンケイ苦戦を見ていられなくなった千咒がサウスの前に出て行きました。

明司は千咒が強くはないのだと戦いを止めようとしますが、千咒は明司が自分の力を金儲けに使おうとしていることに嫌気がさしずっと手を抜いていたことが分かります。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ230話の考察・展開予想とネタバレ確定と感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新「千咒はサウスに勝つ?」

千咒はさっそく最強の名に恥じない戦いを見せてくれました。ワカとベンケイでは倒すことが出来なかったサウスが、千咒の攻撃を受けて倒れたのです。

勿論これで戦いが終わりではありませんが、サウスもかなり追いつめられることになるでしょう。

明司、そしてワカとベンケイが加勢してくれればこのまま勝てるように気もしますが、千咒はそれを望みません。

しかしサウスの方はどう思っているか分からないため、元天竺組の邪魔が入る可能性もあります。そうなると千咒はやられてしまうかもしれません。

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新「マイキーVS鶴蝶」

関東卍會の構成員たちを越えて最後尾にいるマイキーの元までやってきた鶴蝶。マイキーと戦いたかったと言っている以上、このまま戦いが始まるでしょう。

ここで九井が前に出て来てもおそらくやられるだけです。

三途が現在灰谷兄弟相手に苦戦していることも、マイキーが直接戦う理由になります。

マイキーが戦うということはこの三転戦争でかなり見どころとなる戦いになること間違いなしですが、それでもマイキーの勝利は揺るぎないものであるはずです。

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新「黒い衝動が全てを終わらせる」

マイキーが直接動かず静観しようとしていたのは黒い衝動が関係しているでしょう。

12年前から黒い衝動の存在に悩み、1人で苦しんで来たマイキーは必要な時しか動こうとしなかったと思われます。

それが鶴蝶との戦いでまた目覚めた時、鶴蝶を倒すだけでは衝動が収まりません。サウスの口からも出た衝動と言う言葉。

それぞれの猛者たちの衝動は、この場で死人を出すことになります。

千咒には絶対死んでほしくないため、マイキーを倒して一番になると意気込むサウスが犠牲になるのではないかと予想しています。

東京卍リベンジャーズ230話ネタバレ最新確定「Get stuck-up」

初代黒龍副総長明司武臣。戦況を支配することから“軍神”と呼ばれた明司ですが、自分がそんな器にないことを自分で分かっていました。

子供の頃からとりえもなく平凡だった明司は、佐野真一郎の幼馴染です。

真一郎はとても優しい男の子でした。自分より強い相手としか戦わないため負けてばかりの真一郎でしたが、喧嘩した相手は決まって真一郎を好きになりました。

今牛と荒師もそうです。

真一郎がチームを立ち上げるといった時、ずっと真一郎の横にいた明司は副総長になりました。

特に力もないのに軍神と呼ばれ、持ち上げられたことで明司は増長していきました。

そこに真一郎からの突然の解散宣言。

日本一になってしまったらこれからは弱い者いじめになると判断した結果でした。

しかし明司は黒龍の威光にすがり続け、利用しました。その光も5年ほど経つと消えてしまい明司は借金に追われ命も危なくなりました。

この頃真一郎が死亡しましたが、明司はそれどころではなく気にも留めていませんでした。

更に5年が経ち、ボクシングの実力が認められてきた千咒はマイキーと戦ってみたいと言い出します。

一緒に練習をしている今牛、荒師も千咒はジムで1番強いと認めています。

千咒はマイキーと戦うためのチームを作るため、信頼の出来る明司にチームのかじ取りを任せたいと頼みます。

全てを失い落ちぶれていた明司は、そんな自分を受け入れてくれた千咒や今牛、荒師に尽くして行こうと決めました。

しかし、自分のせいで千咒は手加減をするようになっていたことを今知ったのです。

自分の行動を悔い涙ながらに膝をつく明司。

しかし千咒は全て自分のせいだと言う明司を否定しました。

全ては首領として不甲斐なかった自分の責任だと話す千咒は、サウスを倒してケジメを付けます。

東京卍リベンジャーズ230話感想

明司の過去語りとなりましたが、真一郎にとって唯一の幼馴染だったことが分かりました。

今牛や荒師と同じく、真一郎の仲間に加わっていったと思っていたため、ずっと一緒にいたこと、そして明司本人は真一郎のおかげで持ち上げられただけだと言う事実に驚きました。

しかし、もういない真一郎からすれば明司にも魅力を感じる部分があったのでしょう。

もう聞くことが出来ないのがとても残念です。順番に過去語りになるのであれば、次は千咒だと思うので楽しみです。

▷東京卍リベンジャーズ231話へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ230話の考察・展開予想とネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する