東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ最新確定と感想は?黒い衝動に飲まれたマイキー

こんにちは。ひらりです。

2021年11月24日発売の週刊少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ232話「It takes two to tango」が掲載されました。

前話の231話では、サウスを圧倒していた千咒がサウスの打撃で飛ばされてしまいました。

千咒に迫るサウスが途中邪魔な武道をずらした際、武道はサウスが死ぬ未来を見てしまいます。

そして、そこには黒い衝動に飲み込まれ鶴蝶を倒したマイキーが立っていました。

それではこの記事では、東京卍リベンジャーズ232話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ最新「黒い衝動に飲まれたマイキー」

黒い衝動に飲まれてしまったマイキーは強くなるわけではなく容赦がなくなると認識しています。

そうであれば飛ばされた鶴蝶も危険です。それでも内容はサウスとの戦いが詳しく描かれるため鶴蝶が無事かどうかを確認するにはもう少し時間がかかります。

千咒にトドメを刺そうとしていたサウスも、マイキーが前に出てきたら喜んでマイキーと戦いますが容赦のないマイキーは無言でサウスの頭を蹴り飛ばし、

そのまま簡単に殺めてしまうのではないでしょうか。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ最新「黒い衝動は消えない?」

サウスを殺したマイキーはそこで止まるでしょうか。

ドラケンを失ったことはマイキーの中でも響いており、それが今回の黒い衝動を引き寄せるきっかけになった様ですが、

ドラケンを殺した六波羅単代のトップを殺したからと言って止まるとは思えません。

まずは六波羅単代を皆殺しにするくらいのことをしようとするのではないでしょうか。

九井が止めようとしても止まりません。今止められる可能性があるのは武道くらいですが難しいことは間違いありません。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ最新「マイキー逮捕!」

ここでサウスを殺したマイキーは殺人犯になります。

当初の過去ではマイキーが一虎を殺した際、稀咲が替え玉を立てて隠蔽しマイキーを支配しましたが、この時代でそれが出来る人物がいるとは思えません。

そうなればマイキーは逮捕されます。そして六波羅単代の元天竺メンバーも逮捕され未来の梵天になるのでしょうか。

しかし武道の登場とドラケンの死で既に過去はまた変わっているため、鶴蝶も死亡することになるとすれば未来の梵天もどのようになるのかは知る由もありません。

マイキーが逮捕されて悪い方向に進むのであれば、武道はここでマイキーがサウスを殺すことを阻止しなければならないのです。

東京卍リベンジャーズ232話ネタバレ最新確定「It takes two to tango」

マイキーが前に出て来たことを珍しがるサウス。武道も思わずマイキーの名前を口に出してしまいます。

周りには仰向けで倒れむせている鶴蝶、そして辛そうにしている千咒がいます。

明司は今頃マイキーが出て来たことに怒りを感じています。

千咒は自分とサウスの戦いに水を刺すなとマイキーに叫びますが、マイキーの睨みだけで萎縮してしまいました。

そしてマイキーから向けられた殺気に、言葉を失い身体が動かなくなります。

サウスはマイキーの殺気をも楽しんでいるのか、笑顔で拳を握りマイキーに向かって走ってきます。マイキーを倒せばこの追悼戦争も終わりとなるのです。

サウスの長い腕がマイキーの顔面を捕らえると同時に、マイキーの右足もサウスの顔面を捕らえました。

そこからサウスの拳とマイキーの足技の応酬が始まります。

サウスはマイキーと自分だけの紙一重の戦いに、心を躍らせました。誰にも邪魔されない刺激的で緊張感を纏った戦いをサウスは求めていたのです。

サウスはとても興奮していました。

そこで突然サウスとマイキーの間に武道が割って入りました。

武道はマイキーを止めようと叫びます。

邪魔をしてきた武道をサウスは睨みつけています。

武道は目に涙を溜めながらこれ以上続ければサウスが死んでしまうとマイキーに伝えました。

ここで初めてサウスの現在の顔が明らかになるのです。

サウス本人もまだ気がついていませんでしたが、サウスの顔右半分は原型を留めないほど大きくはれ上がり、かなり出血しています。更に右腕もおかしな曲がり方をしていました。

サウスはもう自分の意思で体を動かせなくなっています。

マイキーは壊すことしか能のないサウスを自分が壊してやると近づいてきました。

一虎の時と同じことになると感じている武道はどうしてもマイキーを止めなければと思うも、邪魔だとマイキーに腕を折られその場に崩れ落ちてしまいました。

そして武道が振り返ることも出来ない状態で、後ろからグシャと音が聞こえました。

▷東京卍リベンジャーズ233話へ

東京卍リベンジャーズ232話感想

タイトル「It takes two to tango」の訳は、タンゴを踊るには二人が必要である。この作品の場合は、喧嘩には相手がいると言う意味を示しているでしょう。

争いにおいての責任の所在は双方にあるという意味を示すこともありますが、今回はサウスの心情を現したタイトルであると考えました。

マイキーという相手を前に求めていた高揚感を手に入れたサウス。

ワカとベンケイ戦で見せた荒々しい描写を今回も見せてきましたが、実際がサウスが思っていたほど戦いは拮抗していなかったのです。

黒い衝動に飲み込まれ、色が無くなったマイキーの目が印象的でした。

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ232話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▷東京卍リベンジャーズ233話はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する