東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ233話ネタバレ最新確定と感想は?千咒が死ぬ未来へ!

こんにちは。ひらりです。

2021年12月1日発売の週間少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ233話が掲載されます。

前話の232話では、マイキーとサウスの1対1が始まりサウスは高揚していましたが、自分でも気づかないほどサウスは一方的なダメージを受けていました。

このままではサウスが死んでしまうと知っている武道はマイキーを止めようと前に出ますが、マイキーは武道の腕を折りサウスの元へ。そして・・・。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ233話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら

東京卍リベンジャーズ233話ネタバレ最新確定「変えることが出来ない未来」

武道の腕を折った後のマイキーはそのままサウスの元に行き、「グシャ」という音だけが聞こえました。

武道は腕を折られた痛みに悶え、そのシーンを目撃していません。

それでもこうなってしまったマイキーを止められなかった時点で、サウスが死ぬ未来は変えられないのでしょう。

サウスの叫び声をうめき声は聞こえてきませんでした。そこで考えられるのはサウスが即死したということ。

マイキーは壊すしか能のないサウスに対して怒りを持っていたように見えるため、完膚なきまでにサウスを壊したと思われます。

東京卍リベンジャーズ233話ネタバレ最新確定「マイキーの次の標的は?」

マイキーは千咒に対し、先に死ぬか?と聞いた上で千咒が動かなかったのでサウスの元に行きました。

武道に対してはその言葉を放っていませんでしたが、武道は自分の敵チームにおり自分の邪魔をしてきた、その事実から武道のことも殺そうとする可能性が高いです。

12年間会っていなかった武道と現代で会った時に殺すと思っていたと話していたことから、10年前のこの時点でも同じことが起きてもおかしくありません。

マイキーはサウスを完全に絶命させた後に、武道の元に歩いてくるでしょう。

東京卍リベンジャーズ233話ネタバレ最新確定「千咒が死ぬ未来へ繋がる」

武道が狙われるということは武道を守って千咒が死んでしまう未来がまた来てしまうことになります。

ドラケンが死んだことでもう千咒が死なないと考えるのは安易すぎたのです。

この時代においてもうガキの喧嘩とは呼べない戦いが勃発しているため、一度変えた未来がまた変わるなんて日常茶飯事のはず。

武道は自分が未来を良い物にするどころか、悪化させていることに気がつき絶望で動けなくなってしまうのではないでしょうか。この戦争で奪われるものはあまりにも大きいです。

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ233話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する