東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【205話】最新話ネタバレ感想|特別番外編!稀咲と半間!

こんにちは。ひらりです。

2021年5月12日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【205話】「The picaresque」を読みました。

204話では、

ボーリング場の屋上から飛び降りたマイキーの手を掴んだ武道が、助けを求めろと叫んだことでマイキーは遂に武道に助けを求めました。

そして武道は再びタイムリープする力を取り戻し、マイキーを助けるため過去に行きました。

今回話は変わって特別番外編となります。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ【205話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する

東京卍リベンジャーズ【205話】最新話ネタバレあらすじ

2005年7月。

この物語の主人公は両手に“罪”と“罰”の刺青が入ったあの男、歌舞伎町の“死神“半間修二です。

喧嘩に明け暮れていた当時16歳の半間は、色のない日々が死ぬまで続くことに嫌気がさしていました。

そんな半間に声をかけたのが愛美愛主(メビウス)の総長長内信高です。長内は半間を稀咲の元に連れて行きました。稀咲は半間に駒になれと言ってきます。

どうしてかは分かりませんが、稀咲に他とは違う色を感じた半間は、稀咲を気に入りついて行きます。

稀咲は人の心を掴むのが得意でした。

ドラケンに対するキヨマサの怒りを増大させ、長内に対するパーちんの怒りを増大させた稀咲。どこからともなく現れて目立たずささやくだけで人の心を操って来たのです。

稀咲は半間にも直接、使い物にならなければ交換すると言っていましたが、半間はそんな稀咲の生き方が好きでした。稀咲の生き方が半間に色をくれるのです。

稀咲はサーカスの様でした。

一虎、エマ、黒川。稀咲は誰でも操り、のし上がっていきました。半間はそんな稀咲にずっとついて回りました。

稀咲はある時半間についてくる理由を聞きましたが、半間は稀咲が死んだ時に教えると笑いました。

時間が進むと、稀咲は自らの手を汚すようになっていきます。欲しい物を手に入れるために必死なのです。これは半間が聞いた稀咲の初めての本音でした。

その後危険な状況の稀咲を助けた半間でしたが、結局稀咲は死んでしまいます。半間は稀咲の派手な死に方に、笑みを浮かべながら泣きました。

2008年6月。

半間は稀咲の墓参りに来ていました。そして約束していた“死神と道化”について語り始めます。

東京卍リベンジャーズ【205話】感想

稀咲という人間に何故か惹かれ、ついて行くことを決めた半間の楽しそうな姿が印象的でした。

番外編は何かが今起きているのではなく半間の回想のように描かれましたが、だからこそ半間が稀咲をどう見ていたのかをリアルに感じられてよかったです。

ラストにお墓の前で語った半間と稀咲の語り。何を語るのかがとても気になりましたが、あえて内容が語られないことで想像が膨らみ面白みが増しました。その描き方が上手いなと感じます。

東京卍リベンジャーズ【206話】考察予想

話はまだ本編に戻らず、次回はムーチョと三途の番外編です。

今回の半間と稀咲の話のように、人間関係について語られることになるのでしょう。

誰も知らなかった絆のようなものです。

今ここの番外編を読むことによって、これからの話、さらにはこれまでの話の見え方が変わって来るのでしょう。

今回の話で描かれた半間と稀咲にも関わってくるであろう次回の番外編。過去に戻った武道に関わるからこそ今描かれることになったのでしょうか。

▶東京卍リベンジャーズ【206話】へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ【205話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら