つむじまがり×すぷりんぐ

つむじまがり×すぷりんぐ30話ネタバレ感想|遂に伝える?!素直な気持ち

こんにちは。ひらりです。

2021年5月17日発売のヤングマガジンより、つむじまがり×すぷりんぐ【30話】「あまのじゃくは勇気を出す」を読みました。

29話では、

リンは父が人間との結婚を反対するのは、自分が人間との結婚に失敗したからだと思っていましたが、実際はヨーカイには繋の力がなければ生きていくことが出来ないからでした。

父がずっと事実を隠してきたことを知ったリンは、泉との結婚は本心ではないと離れていくも実際は・・・。

それでは、この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【30話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

つむじまがり×すぷりんぐ30話ネタバレあらすじ「あまのじゃくは勇気を出す」

泉は弾木とカッパ姉ちゃんにとにかく全力で謝罪をします。弾木とカッパ姉ちゃんが冗談交じりの怒りを全てぶつけたところで、反省タイムは終了です。

とここでリンが凸丸を担いで旅館に戻ってきました。なぜか凸丸が川に飛び込み、体調を崩してしまったのです。

リンは凸丸を泉に渡すと、自分も旅館に泊まろうと中に入っていきます。視線は泉をじっと見ていました。

弾木はそんなリンに心の中で感謝します。

風邪をひいてしまうからと泉は凸丸の濡れたコートを脱がせようとしますが、凸丸は暴れて絶対にコートを脱ぎません。絶対に誰にも触らせないようで、洗濯もしたことがないようです。

それでも脱がせないわけにはいかないため、無理やり脱がせて弾木が洗濯してくれます。

泉はその間に、弾木から録音した凸丸のメッセージを聞かされました。

泉の誕生日を祝うという言葉はサトリンガルによる凸丸の本心だと知ると、泉は凸丸が休んでいる部屋に向かいます。

サトリから天邪鬼も素直になるべきだと言われていた凸丸は、正月に引いたおみくじを布団の中で広げて見ています。

泉は凸丸がおみくじを見ているなど知らない状態で、凸丸の誕生日を祝います。そして、今回の騒動を誤ります。

布団から顔を出して泉をじっと睨む凸丸は、突如発熱します。

そして「す」と口を開きます。意を決して凸丸が言ったのはすあま、すこんぶなど「す」から始まる言葉ばかり。

そしてもう1度おみくじを見ました。

おみくじの中には「自分から告白すれば実る」の文章。

凸丸は顔を真っ赤にしながら泉の方を見ると遂に「すき」と言葉にします。思わず泉も顔を真っ赤にしましたが、凸丸はワンテンポ遅れて「やき」と付け足しました。

下手すぎるあまのじゃくに泉も悶絶。その後、帰宅した泉と凸丸の間にはそわそわと何とも言えない距離がありました。

つむじまがり×すぷりんぐ30話感想

凸丸の告白がかわいすぎる今回の話では、泉も凸丸の気持ちに気づいたはずです。

30話にして、一気に状況が変わる予感。これからどうなるのかとてもドキドキします。

すあま、すこんぶと言っていた時は結局素直になれないのかな、とやきもきしていましたが、リンの言葉か凸丸の心に響いていたようです。

天邪鬼システムが絶対に邪魔をしてしまうものだと思い込んでいたため、素直に言えたことに感動して通常以上にドキドキしてしまいました。

つむじまがり×すぷりんぐ31話考察予想

なんともいえない距離が開いてしまった泉と凸丸。

これまでと変わらない調子で過ごそうとしますが、2人とも非常に不器用であるため、周りにすぐに気づかれてしまいます。

気持ちを伝えたことで泉が自分の物になると思っていた凸丸は、以前よりも遠くなってしまった距離に悲しくなってきますが、これ以上素直にはなれません。

そんな凸丸の力になってくれるのは、おせっかいな弾木。凸丸は気持ちを伝えた状態で泉との関係を元通りに出来るのでしょうか?

▶つむじまがり×すぷりんぐ【31話】へ

まとめ

この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【30話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングマガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら