週刊ヤングジャンプ

ウマ娘シンデレラグレイ【19話】最新話ネタバレ感想|初戦!重賞のレース

こんにちは。ひらりです。2020年11月5日発売のヤングジャンプより、ウマ娘シンデレラグレイ【19話】「初戦」を読みました。

18話では、中央に移籍したことで、トレセン学園に編入したオグリキャップ。そこで、オグリキャップはクラシック登録を忘れてしまいます。登録をしていないと、皐月賞・日本ダービー・菊花賞のレースには出られない・・・。

なんとかしようとシンボリルドルフに頼み込むオグリキャップですが、流石に何もできません。そこで、オグリキャップは周囲に認めさせると宣言するのでした。

それでは、この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【19話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ウマ娘シンデレラグレイ【19話】最新話ネタバレあらすじ

六平の指導を受け、練習に励むオグリキャップ。

中央を舐めるなと言い切った、シンボリルドルフの言葉を思い出しています。

必死に取り組むオグリキャップを見て・・・六平は話があると呼び寄せました。

話しの内容は、中央での初戦について・・・。

六平がオグリキャップ次走に選んだのは、ペガサスステークスです。これは、1ヶ月後に開催されるGⅢのレースでした。

距離は芝の1600m。

笠松のレースが1600mだったこともあり、六平は同じ距離を選んだのです。

いきなり重賞のレースと聞き、動揺するのはベルノライト。

一方のオグリキャップは実績を挙げようと、出走を決します。

ただ、このレースにはブラッキーエールが出走すると話す六平。

現時点で8戦4勝のブラッキーエールは、目下3連勝中!!

六平は、強敵だと話しました。

そんなブラッキーエールと廊下で出会ったオグリキャップ。

挑発してくるブラッキーエールは、負けたら田舎の雑魚の下に帰れと話します。

そんなブラッキーエールの言葉に怒りを覚えたオグリキャップは・・・負けたら笠松に帰るが、勝ったら2度と汚い言葉を使うなと話しました。

笠松の仲間をバカにされ、絶対に勝つと宣言するオグリキャップ。

その様子を見て笑いながら現れたのは・・・六平のチームに所属する先輩たちです。

3人のウマ娘を読んでいた六平は、オグリキャップの走りに気になる点がありました。

その点を確認するため、並走トレーニングを行うと話す六平。

先輩のウマ娘2人を前にし、オグリキャップは後ろを走り始めます。

六平の合図で、前の先輩を抜けと言われていたオグリキャップですが・・・合図を見ても、抜くことができません。

前の2人はレース巧者であり、フェイントをかけてオグリキャップに抜かれないようにしている!!?

中央の技術を前に、オグリキャップは苦戦しているのです。

ただ、その様子を見ている六平はさらなる問題点を見つけていました。

技術面もあるが・・・もう1つの問題が改善されなければ、ブラッキーエールには勝てないと考える六平。

深刻な顔で、オグリキャップを見つめます。

ウマ娘シンデレラグレイ【19話】感想

中央に移籍後、初のレースが決定したオグリキャップ。初戦はいきなり重賞レースとなります。

地方で実績を挙げているオグリキャップは、いきなり重賞に使える賞金を獲得していました。

ただ、大きな問題点があるようですね・・・。

そのことに、六平は以前から気が付いていたようです。先輩のウマ娘と併せをやることで、浮き彫りになったオグリキャップの課題。

その課題とは、何なのでしょうか!?負ければ地方へ帰ると約束してしまったため、ここは勝たなくてはなりません!!

ウマ娘シンデレラグレイ【20話】考察予想

次走はペガサスステークスということで、史実通りの内容になりました。

ここでは、オグリキャップが勝利することになります。2着は現時点でライバル扱いを受けている、ブラッキーエール。

史実では、ラガーブラックという名前の競走馬ですね。このラガーブラックの戦績は、24戦して5勝。

GⅢのシンザン記念を買ってはいますが、GⅠウマ娘のオグリキャップの実績には遠く及びません。

課題が改善されれば、余裕の勝利を飾ってくれるでしょう!!

まとめ

この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【19話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!