週刊ヤングジャンプ

ウマ娘シンデレラグレイ【22話】最新話ネタバレ感想!毎日杯

こんにちは。ひらりです。2020年11月26日発売のヤングジャンプより、ウマ娘シンデレラグレイ【22話】「毎日杯」を読みました。

21話では、中央の初戦となる、ペガサスステークスに出走したオグリキャップ。今までとは違う中央のコースを見て、新たな活路を見出します。

笠松より広い中央のコースを利用し、大外からぶち抜いたオグリキャップ。見事、初戦を勝利で飾るのでした。

ウマ娘シンデレラグレイ【22話】最新話ネタバレあらすじ

後続を引き離し、1着でゴールしたのはヤエノムテキ。

2戦目の彼女は、大勝を収めます。

記者に囲まれてインタビューを受けるヤエノムテキは、次走について尋ねられました。

次のレースは・・・オグリキャップと同じ、毎日杯!!!

翌日、ヤエノムテキは新聞の一面を飾っています。

デビュー戦は7バ身差で、2戦目は12バ身差。

2戦2勝のヤエノムテキと、9連勝中のオグリキャップの勝負は、既に新聞でも取り上げられていました。

その新聞を見ているのは、オグリキャップとヤエノムテキのクラスメイト。

食事をするオグリキャップを見て・・・ヤエノムテキは立ち上がります。

果たし状を手にし、戦いを挑むと言うヤエノムテキ。

しかし・・・オグリキャップは、食堂のおばちゃんに話しかけていました。

オグリキャップがおかわりと言い終わる前に、大量の食事を出してくるおばちゃん。

いくらでも食べろと言い、足りないとは絶対に言わせないと宣言します。

流石は中央だと笑い、おばちゃんと火花を散らすオグリキャップ。

ヤエノムテキは・・・完全に無視されていました。

一方会長室では・・・。

シンボリルドルフが、他の生徒と話しています。

皇帝と呼ばれたシンボリルドルフが退いてから、寂しくなったと話す生徒。

次のスターの登場を期待する生徒は、初戦を勝ったオグリキャップの話しを始めました。

面白いことになっている・・・。

そう話す生徒は、新聞のあるページを見せます。

その新聞を、同じく呼んでいた六平。

記事には、オグリキャップのダービー特例出走を願うと書かれているのでした。

そんな六平が立っているのは、阪神レース場。

今日は、毎日杯のと当日です!!

雨が降ったことで、バ場状態は重・・・。

既に7枠7番に入りっているヤエノムテキは、自信を深めています。

対して、武者震いをしてゲートに向かうオグリキャップ。

全ウマ娘が入り・・・スタートしました。

初の重バ場ということで、インに入って体力を温存する作戦のオグリキャップ。

六平の指示通り、インコースを目指します。

しかし・・・それを塞ぐように横に着けたのはヤエノムテキ!!?その様子を見た六平は、まずいと呟きました。

ウマ娘シンデレラグレイ【22話】感想

今回登場したのは、ヤエノムテキ!!ファンにとっては熱い展開です。

なぜなら、ヤエノムテキは実際に存在した馬ですね。

前走で勝負したブラッキーエールは、ラガーブラックという馬の名前が変わっていました。しかし、ヤエノムテキはそのままの名前・・・。

JRAで賞を取っており、クラシック路線でも活躍があります。そのため、実名で使ってきたのでしょう。

このヤエノムテキは、デビューからの2戦をダートで2連勝。3戦目は、重での芝となりました。

果たして、その結果は・・・!?

ウマ娘シンデレラグレイ【23話】考察予想

出走した毎日杯。この戦いは、オグリキャップの勝利に終わります。

この時点では、ヤエノムテキとオグリキャップの力差は歴然ですね!!

オグリキャップを内に入れないよう、ブロックする作戦に出たヤエノムテキ。

しかし、これは自分の首を絞めることになると予想します。

なぜなら、このレースでヤエノムテキは4着・・・。これは、オグリキャップに力負けをした結果です。

オグリキャップを意識するも、逆に自分の体力が削られる展開に・・・。

ただ、注目なのはヤエノムテキの次走ですね!その次走は・・・なんと、皐月賞です!!

まとめ

この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【22話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ヤングジャンプ」を1冊無料で読む