弱虫ペダル

弱虫ペダル【624話】最新話ネタバレあらすじ感想|咆哮のスプリント

こんにちは。ひらりです。

2021年1月29日発売の週刊少年チャンピオンより、弱虫ペダル【624話】「咆哮のスプリント」を読みました。

623話では、つづらバトルのラストは傾斜15度の最難関。 高田城は勝利を確信し、鏑木は意識がないのか反対車線に飛び出していきます。

しかし、それは鏑木の試したかったという、ガードレールを利用したターン作戦だったのです。 

それでは、この記事では、弱虫ペダル【624話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「週刊少年チャンピオン」を無料で読む

弱虫ペダル【624話】最新話ネタバレあらすじ

距離はかかるが45ターンを完了させた鏑木。

ゴールまではスプリンターにとって最適の傾斜3度の一直線です。

おののけタカダ・ジョー。

歯車が噛み合ったが如く、フルスロットルで雄叫びを上げながら猛追する鏑木。

高田城はゾクリとしながらも、ゴールまでの距離は自分の方が圧倒的に近いと、冷静さを取り戻そうとします。

しかしながら鏑木は早かった。

あっという間に高田城に並走。

そして抜き去っていくのです。

慌ててバイクを懸命に回す高田城は、何故だ何故だと納得がいきません。

鏑木のブカブカジャージ。

最終コーナーに先に入ったのは自分。

2段階のコーナーで折り返して斜度を回避した奇策で、追い抜けるはずがない。

理論的に破綻していると、まだ理由を見つけられません。

先行する鏑木。

振り向かれた高田城は、あんぐりする顔が見たいのかと叫びますが違いました。

スプリントはチョー気持ちいい。

満足気な表情でそう語るのでした。

そのまま先頭でゴールする鏑木。

確かに勝負はキツかったですが、鏑木にとっは楽しかった気持ちが溢れています。

鏑木の言葉を聞きながらメガネを外し汗を拭く高田城は、これが理屈を超えた走りかと諦めます。

今になって急にバトルのことを思い出した鏑木は、勝負を挑みながら敗北した高田城をディスり出します。

やめろと言いながらも、鏑木の純度を測り間違えたと内心思う高田城。

勝負を終えて足を緩める2人の後方から、坂道たちが接近してきたようです。

それを感じながら鏑木は、坂道と段竹に後を託すのでした。 

弱虫ペダル【624話】感想

つづらバイクの檄戦を制したのは鏑木でした。

高田城の解説丁寧な余裕ぶりに強キャラ感もあり、鏑木は不利なのではと不安に思いましたが、最後は理屈を超えた走りに高田城は敗北した形になりました。

何ごとも理屈どおりにはいかないという、典型的なお話でした。

想定外の出来事に弱い高田城は、鏑木に抜かれて頭で考え過ぎる場面がありましたが、鏑木は対照的に純粋に走ることを楽しんでいたようで、勝負についても思い出したのはゴールした後でした。

高田城は反省したように、鏑木の純度を見誤っていました。

弱虫ペダル【625話】考察予想

つづらバトルという局地戦は終了しましたが、レースはこれからが本番です。

まずは敗北した高田城。敗れた直後には汗と一緒に涙を拭いているようにも見えましたが、このままレースをリタイヤということになるのでしょうか。

一方、勝利したとはいえ、鏑木のバトルによる疲労の蓄積は相当なはずです。

坂道との約束どおり、このレースのエースを任された段竹を守りましたが、ゴール残り4kmまではもちそうにありません。

次回は坂道たちとの合流になります。 

弱虫ペダル【625話】へ

まとめ

この記事では、弱虫ペダル【624話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「弱虫ペダル」を一冊無料で読む