夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦102話最新ネタバレ確定と感想は?皮下は死亡!?

こんにちは。ひらりです。

2021年10月18日に発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦102話「新しい桜」が掲載されました。

101話では、兄弟たちが百を止めてくれている間に太陽はつぼみへの尋問を進めました。

つぼみのことを語る上で百の話は外すことが出来ないと言う皮下は、百がつぼみの子、正確に言うとつぼみと全く同じ個体であるという衝撃の事実を太陽に話しました。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦102話の最新ネタバレ確定と感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちらをクリック

今話題のアニメ▶こちらをクリック

▼・:*+.\今すぐチェック/.:*+▼

夜桜さんちの大作戦102話最新ネタバレ「皮下は死亡!?」

皮下の体の崩壊が始まっていることは目に見えて分かります。このまま何もしなくても皮下は死んでしまうでしょう。

しかし、体の崩壊が完了するまで待ってくれないと思われます。それは百が既に夜桜兄弟を倒しているからです。

元々皮下が余計なことを話さないように消しに来た百はまた皮下の元に戻ってきます。

皮下は百がもう1人のつぼみであることを太陽に話してしまいましたがおそらくまだ重要な秘密を知っているはずです。

そのため、全てを話し終える前に皮下は百に殺されてしまうと予想します。

夜桜さんちの大作戦102話最新ネタバレ「警察とヒナギク」

百が来ると分かっていたから兄弟全員でこの場に来たわけですが、凶一郎と二刃は百を長く止めていられないことまで予想していました。

その予想通りになったわけですが、この場合凶一郎たちはあらかじめ警察やヒナギクに応援を要請していた可能性が高いです。

しかし夜桜兄弟で止められなかった百をそのほかの組織に止められるとは思いません。

何も出来ないかも知れませんが、皮下だけでなく他の者への被害を最小限に抑えるためにも協力は必要です。

夜桜さんちの大作戦102話最新ネタバレ「六美が危険?」

ソメイニンの力なのか、百は突然消えたり現れたりすることが出来ます。

六美は今ゴリアテと2人でいる状況なので、皮下を殺した後の百が六美の元に行くと危険です。

凶一郎の発言から六美の心臓を狙ったのが父親であることも分かったため、今も零の心臓を持ち歩きタンポポに与する百であれば六美を捕まえようとすることは間違いありません。

太陽もすぐに六美の元に急ぎますが、六美が連れ去られてしまうのは避けられないかもしれません。

夜桜さんちの大作戦102話最新ネタバレ確定「新しい桜」

倒されたかと思われた夜桜兄弟たちでしたが、再び百への攻撃をします。

しかし百の体に当たった銃弾などは桜となって散り、百には効いていません。

四怨のスキャン、嫌五の観察眼、七悪の受容体は百が百ではない別の何かであることを感知していました。

ここで皮下が太陽に語るシーンになります。

兄弟たちが感じている通り、今の百は人間ではなく化け物になっていたのです。

ソメイニンを活性化させる開花とは異なり、つぼみの血は細胞そのものをソメイニンに変えてしまいます。

つまり百は強くなった人間ではなく、強さの塊になっています。これが万花繚乱なのです。

万花繚乱は自分自身でのコントロールが出来ず、そこにはつぼみの干渉が不可欠です。

太陽が万花繚乱を使いこなすためにももっとつぼみの血を取り込みつぼみに近づく必要がありました。

ソメイニンの結晶化しつつある皮下を取り込むことで万花繚乱を征服出来る可能性が高まりますが、それは同時につぼみに取り込まれるリスクも含んでいます。

皮下から選択を迫られた太陽は、家族のため一瞬の迷いもなく皮下の手を取りました。

吸収が始まった気配を百は感じ取ります。

すぐに止めに行こうとする百の前に、普段とは雰囲気が異なる凶一郎が立ちはだかりますが、百は取り出した銃で突風を起こし子供たちを吹き飛ばします。

そして皮下の元へと移動しますが、既に吸収は完了していました。

変わったと言われる皮下はですが、変わったのは皮下ではなく時代です。

自分の夢やつぼみの願いは時代と共見苦しく広がっていきましたが、皮下はそれもいつかは終わるのだと太陽を見ます。

悪夢そのものともいえる夜桜家に関わって来た皮下ですが、それも自分にとってはいい夢だったと言い残して消えてしまいました。

夜桜さんちの大作戦102話感想

前回のラストで既にやられていた風に見えた兄弟たちが想像以上に頑張っていた姿がとても嬉しかったですが、それも百によりやられてしまいました。

しかし百には子供たちを殺すつもりはないため、あくまで倒しただけです。

凶一郎の様子がいつもと違っていたことがすごく気になりましたが、そこは深掘りされず百の突風に飛ばされてしまって終わりになったので残念です。

皮下は消滅するもその力を受け継ぎ、万花繚乱を征服出来るかもしれない状態になった太陽。果たして征服はできたのでしょうか。

▷夜桜さんちの大作戦103話へ

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦102話の最新ネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

夜桜さんちの大作戦

U-NEXT

夜桜さんちの大作戦を1冊無料で読むならU-NEXTがおすすめです。

その理由は・・・

初回31日間無料

もらえる600ポイントで、1冊459円の「夜桜さんちの大作戦」をポイントを使って、実質無料になります。