夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦106話ネタバレ最新確定と感想は?夜桜百一致率88.3%

こんにちは。ひらりです。

2021年11月15日発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦106話「旧夜桜邸にて」が掲載されました。

前話の105話では、六美のダイエット大作戦が敢行されました。太陽にはばれないように密かに努力をする六美でしたが中々上手く行かず・・・。

しかし気づいていた太陽からは望んでいた以上の優しい言葉を貰い走れなくなってしまうのでした。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦106話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

夜桜さんちの大作戦106話ネタバレ最新「夜桜百一致率88.3%」

平和な日常回となった前回ですが、ラスト1コマでおやじ狩りシステムが高ソメイニン検出の表示を出していました。

“夜桜百”一致率88.3%という有力情報です。これは場所を特定してすぐに向かうことにします。

しかし、前回の戦いでも分かるように兄弟全員で向かって行っても歯が立たないのが百の実力です。

どうやって接触するか、接触することで何をねらうかなど入念に計画を立ててから行かなくてはなりません。

その結果、最初に行くのは太陽と誰かになる気がします。

夜桜さんちの大作戦106話ネタバレ最新「88.3%は百じゃない?」

勿論機械が示す数値であるため100%を出すことは難しいでしょう。

しかし今回の場合、百の持つソメイニンの数値を測り損ねているのではなく、単にそれが百ではないと考えられます。

むしろ百は名前の通り100%であって欲しいので作者もそれを狙っているのでしょうか。

88.3%となればつぼみ的には百の弟か妹的な立ち位置の人物の可能性が高いです。

容姿もまだ分かりませんが、太陽は自分と同じような個体に近づくことでおそらく気づけるようになっているため、百以外の偽夜桜家と初対面です。

夜桜さんちの大作戦106話ネタバレ最新「夜桜邸も狙われる?」

百は四怨が何かシステムを作り自分を探していること、そして太陽のことも調べられ子供たちが何かに辿り着くだろうと思っているはずです。

まだつぼみや百が何を狙っているのか完全には明らかになっていませんが、それでも夜桜家に関わらないということはありえません。

自分たちを本物にするために六美たち今の夜桜家を消そうとしている可能性もありますが、

消すにしても何かを手に入れるにしてもいずれ夜桜邸に攻め入って来ると予想しています。

夜桜さんちの大作戦106話ネタバレ最新「旧夜桜邸にて」

夜桜百との一致率約90%となる高ソメイニンの検出場所は、二代目が暮らしたと言われる旧夜桜邸“二ノ前屋敷”です。

国の管理下で一般開放されている二ノ前屋敷は心霊スポットとして人気であり、一般人もよく訪れます。

今回は太陽、二刃、辛三、四怨の4人で偵察に行くことにしました。

二刃と辛三はすごく怖がり、太陽を壁にして進みます。

太陽は怖がっていませんでしたが、ふと視線を感じました。その発言で二刃たちを更に怖がらせてしまいますが視線を感じたのは本当の話です。

すると四怨は近くにある絵ではないかと言いました。

そこにはこの屋敷の主、夜桜二代目当主二ノ前御前の肖像画がありました。太陽は夜桜屋敷の“家系樹の回廊”で見たことがあるような気がしています。

四怨は百のものと一致する革靴の跡を見つけました。1日以上は経過しましたが、百が来たことは確かです。

その時、心霊スポット探索出来ていた若者の1人が、突然ドアが開いたことに気がつきその部屋に入っていきました。そして姿を消します。

一緒にいた仲間たちは入ったように見えただけではないかと笑いますが、その者たちも順に消えていきます。

二刃はその消え方からあることに気がつきます。

辛三が二刃に言われ武器を構えた時、明らかに何かが迫る気配がしました。そして辛三が消えてしまいます。

焦る太陽ですが、二刃は落ち着いています。辛三は消えたのではなく拘束移動させられたのです。

四怨が辛三の発信機を確認すると、辛三は二代目の肖像画の向こう側に移動したことが分かります。

辛三は合気の力で吹き飛ばされたという二刃。この屋敷全体に大きな力がかかっているのです。

太陽が肖像画のある壁を破壊すると、そこには武器を構えた辛三と二代目二ノ前御前らしき人物が立っていました。

夜桜さんちの大作戦106話感想

百がいた痕跡はありましたが、1日以上前のものであるためおやじ狩りシステムが検出した高ソメイニンは別人のものです。

それは二ノ前御前のものだったのでしょう。二代目ということはよく分からない百とは違いつぼみの本当の子供です。

本来生きているはずはありませんが、身体から枝や桜の花が出ていたことから二ノ前御前もまた万花繚乱によるソメイニンの結晶体なのでしょう。

まだ戦いは始まっていませんが、強いことは確実なので恐ろしいです。

▷夜桜さんちの大作戦107話へ

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦106話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

夜桜さんちの大作戦

U-NEXT

夜桜さんちの大作戦を1冊無料で読むならU-NEXTがおすすめです。

その理由は・・・

初回31日間無料

もらえる600ポイントで、1冊459円の「夜桜さんちの大作戦」をポイントを使って、実質無料になります。