夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦99話ネタバレ最新確定と感想は?限界の太陽!

こんにちは。ひらりです。

2021年9月27日発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦【99話】「ミニ凶一郎」が掲載されました。

98話では、太陽の合格祝いとして八重の修理と改良を申し出た辛三は、家族以外が苦手にも関わらず殺香と共に買い物に行ってしまいました。

面白がる嫌五たちは辛三を尾行し2人の様子を観察するも、最後はきついお仕置きをされてしまったのでした。

それでは、この記事では、「夜桜さんちの大作戦【99話】ネタバレ最新確定と感想は?限界の太陽!」というタイトルで、

夜桜さんちの大作戦【99話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちらをクリック

今話題のアニメ▶こちらをクリック

▼・:*+.\今すぐチェック/.:*+▼

夜桜さんちの大作戦99話ネタバレ最新「限界の太陽」

予想に反して元気だった太陽は早めに皮下の元へ向います。出来るだけ早い方が次にやるべきことが分かるからです。

しかし家族にはなんといって出かけるのでしょう。

既に凶一郎には目的が知られており、他の兄弟からも怪しまれています。六美を守るためとはいえ六美を不安にさせてしまっては元も子もありません。

ここは正直に言うべきか否か・・・。

1人で悩むことにも限界を感じる太陽は、凶一郎に色々と協力を求めるのではないでしょうか。

夜桜さんちの大作戦99話ネタバレ最新「つぼみとつぼみ」

皮下の元へ行った太陽の目的はもちろんつぼみですが、太陽の元に出てくるつぼみの良心とは違いつぼみの本体、悪い部分です。

このつぼみを殺さないことには六美の安全が確保されません。太陽の元に出てくるつぼみは本体が眠っている時だけ現れることが出来ると本人が言っていました。

その考えで行くとつぼみの本体はつぼみの良心のことを知らないはずですが、夜桜家初代当主であるつぼみは全てわかった上で良心を泳がせているのかも知れません。

夜桜さんちの大作戦99話ネタバレ最新「皮下の現在」

捕まった皮下は今どうしているのでしょうか。

檻の中で更にどこかに繋がれている可能性が高いです。

今もなお何かを企んでいる、もしくは周りにいる人間をからかうようにこれまで通り過ごしている可能性もありますが、つぼみから終わりを告げられたこともあり廃人のようになっているかもしれません。

何を話しても全く反応してくれないとなれば太陽が行っても何も出来ないはずです。

しかしつぼみの血を貰ったのが皮下だけであるため、どうにかして皮下の心を揺らすことが出来れば有力な情報を得られるようになるでしょう。

夜桜さんちの大作戦99話ネタバレ確定最新「ミニ凶一郎」

朝、突然起こされた太陽の目の前に見知らぬ男の子が・・・。

悲鳴を上げる太陽を心配して六美が駆け付けると、六美までもが男の子を見て悲鳴を上げてしまいます。

男の子の正体は12歳若返った凶一郎でした。

凶一郎は普通の栄養剤と間違えて一時的に心身が退行する副作用がある栄養剤を飲んでしまったのです。

記憶や頭脳も後退しているはずですが、凶一郎は状況から全てを把握し今の自分が薬のせいで若返っていることを理解していました。

凶一郎は15年後の未来で六美が結婚し幸せになっていることを喜んでいます。

あまりの可愛さに六美は悶絶。

小さな頃の凶一郎が今とは違い過ぎることに太陽が驚いていると、二刃がやって来ます。

二刃もまた凶一郎に感謝をされデレてしまいました。他の兄弟にも会いに行くと言って走り出した凶一郎。

子供だから見守るべきだと太陽が追いかけようとすると、六美は庭の森に行かせないようにと頼んできました。

太陽はお願いの意味を察し、すぐに凶一郎を追いかけます。

兄弟、ゴリアテだけでなく、昔はいなかったアイと殺香も凶一郎に落とされてしまいました。

この晩、凶一郎は太陽と同じベッドで寝ることになりました。明日は戻っていればいいねと言う太陽に、凶一郎は母親が死んでしまった話をしました。

庭の森に行かせたくなかった理由は母親の墓があるからです。

凶一郎は太陽が必死に隠そうとしてくれたことも分かっていますが、目が良いために森に入らなくても墓と母親の花、カーネーションが見えてしまったのです。

6歳の凶一郎は、いつかこうなることを予想していました。

だからこそ長男として自分が強くならなければならない、家族のことを守らなければならないと常に思ってきました。

いずれ自分は嫌な人になってしまうだろうとも感じていた凶一郎は、今日の皆の反応を見て予想通りの大人になったことを知りました。

太陽は背を向ける凶一郎に、想像のような大人にはならないと伝えました。未来の凶一郎は皆に信頼されている、それに自分も凶一郎を支えていくと太陽は伝えました。

凶一郎は静かに礼を言います。

そして翌朝、目覚めると共に元に戻っていた凶一郎は、この日のことを何も覚えていないのでした。

夜桜さんちの大作戦99話感想

以前太陽回復の時は太陽が赤ちゃんになっていましたが今回はまさかの凶一郎バージョンでした。

最初に登場した時に顔を見て凶一郎に関係している子供だと予想がつきましたがまさかの本人。

6歳で頭が良すぎで少し可愛げがなく見える部分もありましたが、人の心を掴むことはとても上手かったため兄弟たちには大好評でした。

結局戻った時に記憶が残っていなかった凶一郎ですが、どうして太陽に自分の心の内を全て話してしまったのかこの時の心情が気になりました。

▷夜桜さんちの大作戦の記念すべき100話へ

まとめ

この記事では、「夜桜さんちの大作戦99話のネタバレ最新確定と感想」について考察・展開予想についてまとめました。

確定と感想は発売後に追記します。

ここまでお付き合いくださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

夜桜さんちの大作戦

U-NEXT

夜桜さんちの大作戦を1冊無料で読むならU-NEXTがおすすめです。

その理由は・・・

初回31日間無料

もらえる600ポイントで、1冊459円の「夜桜さんちの大作戦」をポイントを使って、実質無料になります。