呪術廻戦

呪術廻戦【138話】最新話ネタバレ考察|呪術総監部からの通達はどこまで!

こんにちは。ひらりです。

2021年2月15日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【138話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

137話では、帰国した乙骨は、死刑の猶予が取り消された虎杖を殺す任務を引き受けました。

呪術総監部は虎杖死刑の他、五条と夜蛾を渋谷事変を起こした夏油の共犯として扱い、渋谷事変終息のための行動を本格的にとり始めました。

呪術廻戦【138話】最新話ネタバレ「呪術総監部からの通達はどこまで伝わっている?」

虎杖、五条、夜蛾、夏油に関するかなり大きな決定がなされた今回の通達。

乙骨が通達を受けて呪術総監部に来たのであれば、既に高専の教師陣などに通達されているかもしれません。

冥冥が憂憂と共に外国へ逃げて行ったことも、五条が封印させたままであれば本当に東京が終わってしまうことを分かったからだと言えます。

しかしそうであれば九十九が虎杖を守ろうとしている理由は分かりません。

五条のように上層部の言いなりにはならないタイプのためでかる可能性も十分ありますが、勝算がない状態で無謀なことをするとも思えません。

呪術廻戦【138話】最新話ネタバレ「パンダは夜蛾を殺せない」

日下部が知っていればパンダにも通達の内容は伝わっており、パンダは夜蛾を死刑にすることに反対するでしょう。

人間気持ち悪いと言っていても夜蛾だけは違います。虎杖が善人であることも知っているため、虎杖の死刑も反対すると思われます。

しかし日下部は宿儺の暴走の際、虎杖を殺すことに賛成しました。

通達を受けていれば真っ先に虎杖を殺してもいいのですが、虎杖を助けることに協力した時点でまだ通達を受けていないとも考えられます。

呪術廻戦【138話】最新話ネタバレ「乙骨の本当の狙い」

あっさり虎杖死刑の執行役を引き受けた乙骨ですが、逆に自分が引き受けることにより他の人物に虎杖を殺させないという狙いがある気がします。

任務のために海外に行っている間に九十九とも接触し、あらかじめ策を練っていた可能性があるのです。

そうでなかったとしても特級の乙骨が虎杖を殺しに来た場合、縛りを使い宿儺が出てくることも考えられるため虎杖はそう簡単には死にません。

つまり乙骨がどのような行動をとっても、呪術総監部は虎杖の死刑を早めることはできないのです。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【138話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます!ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。