呪術廻戦

呪術廻戦162話ネタバレ最新考察は?甘井は誰で元々同じ高校の生徒?

こんにちは。ひらりです。

2021年10月18日発売の週刊少年ジャンプに、呪術廻戦162話が掲載されます。(▷確定はこちら

161話では、虎杖と伏黒は東京第1結界の中に入り死滅回遊に参加するも、いきなりはぐれてしまいました。

お互い結界内に入ってすぐ初心者狩りに狙われます。

虎杖は2人を相手に交戦中、伏黒は既に敵を倒して日車の情報を求めて動き出します。

それでは、この記事では、呪術廻戦162話ネタバレ最新確定と感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちらをクリック

今話題のアニメ▶こちらをクリック

▼・:*+.\今すぐチェック/.:*+▼

呪術廻戦162話ネタバレ最新考察「甘井は誰で元々同じ高校の生徒?」

初心者狩りである羽生と羽場に新しい泳者が入って来たことを教える役を担っていた甘井という男。

羽場が出て来たことでただならぬ事態だと感じ、双眼鏡で泳者を覗いた際虎杖のことをどこかで見たことがあると感じ、最終的には虎杖の名前を思い出していました。

知り合いの様です。とはいえこれまでに甘井という人物は恐らく出てきていません。

虎杖は高専に来る前は高校でオカ研に入るなどして精力的に部活動を行っていたわけではありませんが、

その運動神経の良さが有名だったことから学校でも虎杖を知っている人間は多かったはずです。

甘井は元々虎杖と同じ高校の生徒なのでしょうか。

呪術廻戦162話ネタバレ最新考察「麗美という女」

伏黒が結界内に入った際に襲って来た泳者は麗美。

伏黒が強いとはいえ、ここまで簡単にやられると言うことは動揺した初心者相手でなくては勝てないほどの実力なのでしょう。

余計な殺しをしない伏黒だからこそ命が助かったと言えます。

実際、伏黒に日車の居場所を教える代わりに守ってもらう約束をしたくらいなのでかなり弱そうです。

しかしこの麗美どこか怪しいと感じました。

それはラストのコマの悪い顔があったからです。

いくら日車が高得点で有名だからと言って場所を知っているのはおかしいです。この女、日車と繋がっているのではないでしょうか。

呪術廻戦162話ネタバレ最新考察「虎杖の戦いの行方は」

羽生は虎杖が投げた呪力の込められた瓦礫を食らい落下しましたが、それほど強い攻撃ではないためまた戻って来るでしょう。

しかし虎杖の前には既に羽場が来ています。

羽場は確実に羽生よりも実力者です。

しかし麗美と同じく、弱いから動揺した泳者を狙っている可能性もあるため、虎杖の敵ではないような気がしました。

勿論、実力はあるも戦うのが面倒だから簡単に得点を重ねようとしているのかも知れませんが、それでも虎杖の方が強い気がします。

まとめ

この記事では、呪術廻戦162話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▷確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひマンガをチェックしてみてくださいね。